手付金を預かる風景

手付金(てつけきん)

手付金というものをご存知でしょうか?将来自分の家を建てたい方や土地を持ちたい方がいたら、手付金を払う機会が来るかもしれません。不動産の売買では多額のお金が動くので様々な法律や制度がありますが、手付金もその中のひとつです。今回はその手付金について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

手付金の意味とは

手付金とは主に以下の意味合いをもっています。
・契約しました!という「証約手付」の働き、
・契約違反したとき没収しますよ!という「違約手付」の働き、
・簡単に契約解除しないために払うけど、やっぱり違う所がよくなっちゃったから契約解除するけど手付払うから許してねという「解除手付」の3つの働きがあります。一般的に手付金と言ったら三番目の「解約手付」を指すケースがほとんどです。

また手付金と内金は似ている様で全く異なる性質があるので、しっかりと理解をしておきましょう。
手付金は払った人はこれを放棄、受け取った人は倍額返還する事で契約を一方的に解除できる性質をもっています。
内金は代金の一部前払いとして払うお金になるので、双方ともに一方的に解除は出来ない性質となります。

手付金の由来

手付金は契約をより確実にわかりやすくするために作られました。不動産売買では契約時と引き渡し・決済時の間にある程度の時間が空きます。なので契約して引き渡す準備をしていたのに解除されてはたまったもんじゃありません。そんな時のために最初にお金を払っておくことで、気安く解除できないようにし、だけどもどうしてもというときにそのお金を払えば解除していいよという仕組みを作りました。これが手付金の始まりです。

手付金の文章・例文

例文1.金額の10%を手付金としてお先にいただきますね
例文2.手付金が高いので交渉をして、手付金の金額を下げてもらった
例文3.売主は解除するために手付金の倍額を償還しなくてはいけない
例文4.残代金を支払う場合は手付金は売買代金の一部になる
例文5.手付金は前払いとする内金とは役割が違う
手付金と内金の違いについては、正しく理解をしておかないと契約ごとで痛い目を見る可能性もあります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

手付金の会話例

  • 質問者アイコン

    この前妻と家の契約をしに行ったんだけど手付金払ってくださいって言われて、これ絶対払わないといけないの?

  • 回答者アイコン

    基本的にはそうだね。手付金は先払いして欲しいというより契約を確定させたい意味の方が強いから、ほとんどの場合で払うのを要求されるね

  • 質問者アイコン

    そっかー。手付金のこと知らなくて、あとでお金払えばいいと思ってお金用意してなかったんだ

  • 回答者アイコン

    一部では払わなくてもいいところもあるらしいけど、基本的には払うことになるだろうから覚えておくといいよ

手付金を知らなくて戸惑う人が多くいるみたいなので覚えておきましょう。

手付金の類義語

手付金の類義語には、「頭金」「証拠金」「内金」などがああります。

手付金まとめ

手付金は不動産売買という大きな契約のために設けられた、・証約・違約・解約の3つの働きを持った引き渡しまでの担保としての役割を持った金銭のことでした。他にもたくさん決まりがあるので知りたい方は詳しく調べていただければと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事