日本製品が戦犯企業に認定される

戦犯企業(せんぱんきぎょう)

現在韓国と日本の間で亀裂が大きくなり韓国が日本に対して、日本製品の不買運動ホワイト国の除外などを行なっているなか、さらに戦犯企業に認定した条例を作るとして審議されています。
「戦犯企業」と報道されていますが、つまりはどういうことなのでしょう、今回は戦犯企業について解説していきます。

戦犯企業の意味

韓国のソウルとプサン(釜山)市議会において2019年9月6日、太平洋戦争の「徴用」をめぐる問題に関わったとして日本の企業284社を戦犯企業と認定し、「対日抗争当時、強制動員により我が国民の生命、身体、財産などに被害を負わせた企業です」などの文言を韓国語で記したステッカーを製品に貼ることを義務付け、その企業の製品を購入しないように教育機関などに努力義務を課す条例案が可決されました。

戦犯企業の由来

「戦犯」とは戦争犯罪、戦争犯罪人の略です。つまり、今回の「戦犯企業」とは「昔の戦争において犯罪を犯した企業である」と示すものになります。
反日運動が盛り上がっているのは、韓国大統領が米国大統領との電話会談にて、南北の鉄道や道路連結、経済協力事業の活用を申し出たことで、南北統一へと進み南北連合政府をつくることが現実的になるために核戦力と安い労働力が自分たちのものになると思っているためです。そうなれば核武装した7700万人の南北統一国家が誕生することになり、その高揚感から「日本なんて恐ろしいものではない」と反日感が高まっているとされています。

戦犯企業の文章・例文

例文1.戦犯企業に認定されてしまうと商品が売れなくなり撤退を余儀なくされる
例文2.韓国が日本の企業を戦犯企業と認定した
例文3.親睦を深めようと思っていたのに戦犯企業とされてはかなわない
例文4.一方的に戦犯企業だと言われて商品を無下にされるのは納得がいかない
例文5.これからは戦犯企業を表すステッカーが商品に貼られるようになる
韓国には過去の徴用における「戦犯企業」のリストがあるようです。すでに購入している製品がリストに載っている企業のものだと「戦犯企業の製品」と明記されたステッカーを貼らなくてはいけないようです。

戦犯企業の会話例

  • 質問者アイコン

    今まで不買運動とか何回かやって失敗していたみたいだけど、ついに国が条例で戦犯企業の製品を買わない努力をしろっていう条例を出したね。

  • 回答者アイコン

    うん、なんだか悲しいね。
    そこまでしないといけないことなのかな。

  • 質問者アイコン

    まあ、傷つけるようなことをされた側は一生覚えてるっていうからなあ。とはいえ、多少は歴史を改ざんしているとか感情をいいように利用しているっていう話が出てるからなんとも言えないけどね。

  • 回答者アイコン

    戦犯企業なんて不名誉なレッテルを貼られちゃうのね。

日本人にとって理解しがたい結果となってしまいました。

戦犯企業の類義語

「戦争犯罪」「戦犯」「A級戦犯」などが挙げられます。

戦犯企業まとめ

韓国人の反応は賛否両論で、日本はひどい国だ、よくやったというような意見もあり、逆に国を滅ぼすつもりか、という反対意見も出ています。この判断が韓国や日本にどのような影響を及ぼしどう対策をしていかなくてはいけないのか考える必要があり、今後日韓の関係はさらに冷え込んでいく可能性が大きいとされています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事