頭の中から懸念される事柄が離れない女性

懸念(けねん)

懸念とは、不安に思うことです。皆さんは、何か不安に思ったり、心配に思ったりしたことがありますか。生きていれば、一度はそういった感情を抱いたことがあるという人も多いと思います。特に人生の岐路に立たされたときや試験や試合や面接など今後に関わる大事な出来事においては、不安に思うことも多いと思います。そんな不安に思う様子を表す言葉として懸念という言葉があります。今回は、そんな懸念について意味や使い方を交えつつ、みていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

懸念の意味とは

懸念の意味は、不安に思うことです。懸念となるような物事がある場合には、懸念材料があるといった言い回しをすることもあります。合わせて覚えておくと役に立つと思います。

懸念の由来

懸念の「懸」はひきかかる、つりさげることを意味しています。「念」は常に心の中で思っていることを表します。このことから心の中でつねに引っかかっていることという意味になり、そこから転じて不安に思うという意味の言葉として使われるようになったと考えることができます。

懸念の文章・例文

例文1.今後は、この感染症の影響で売り上げが下がることが懸念される。
例文2.懸念していた問題を、エンジニアが解決してくれたことにより、サービス品質が向上する。
例文3.問題なく目的を達成するために、予め懸念材料を潰しておく。
例文4.漠然とした未来を目の当たりにして今後、生活をしていけるのか懸念を抱える。
例文5.懸念していたことが単なる思い違いだったことを知り、安心する。
これらから懸念は、不安に思う様子を表す言葉として使うことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

懸念の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば今週末は天気が凄く荒れるらしいね。台風も近づいているみたいだし、不要な外出は控えた方がいいかもね。

  • 回答者アイコン

    それは困ったよ。週末は家族みんなでキャンプに行くと約束していたからね。

  • 質問者アイコン

    それはもしかしたら中止になることが懸念されるね。

  • 回答者アイコン

    そうだね。家族に週末どうするかもう一度話し合ってみたいと思うよ。

これは、週末、天気が荒れることについて話している様子です。

懸念の類義語

懸念の類義語には、「疑惧」「憂懼」「懸念」などがあります。

懸念まとめ

懸念という言葉とても使い勝手がよく色々な場面で使うことができます。懸念に思っていることは、懸念点や懸念事項ということができます。また、不安に思っていることを解消することを懸念を払拭すると言います。こういった言い回しも合わせて覚えておくと役に立つとと思うので是非知っておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事