懲戒処分(ちょうかいしょぶん)

企業や公務員の中では、組織内で決められているルールがあります。当然ながら、そのルールや規則を違反すれば罰せられることがあります。こうした組織の中でのルールや規則を違反した際には「懲戒処分」という罰に課せられることがあります。この懲戒処分とはなんなのかに着いて解説をしていきたいと思います。

懲戒処分の意味とは

公務員においては、職務の中で怠慢が発覚した場合や、義務違反が発覚した際に課せられる罰則の総称になります。これらの内容は国家公務員法や地方公務員法で定められていて、犯した違反の重さによって、減給や免職や停職といった処分が実施されることになります。また、実務上の比較的軽い罰則に関しては、厳重注意などで済まされることもあります。
民間企業に関しては、就業規則等の社内で決められた規則への違反に対して、減給や停職や懲戒解雇といった罰則が課せられることになります。

懲戒処分の由来・歴史

この懲戒処分というシステムに関して、いつ頃から存在しているのかは定かではありません。ただ、組織というものが存在する以上、そこには規則や規律があるので、懲戒処分という名前ではないにしろ、似たような罰則はかなり古くから存在していたのではないでしょうか。

懲戒処分の文章・例文

例文1.同僚が懲戒処分になるらしい
例文2.懲戒処分にはいくつかの種類がある
例文3.懲戒処分は公務員や民間企業でことなってくる
例文4.具体的に、懲戒処分とはどういう扱いになるのだろう
例文5.懲戒処分だけは避けたい
「こうならないようにしよう」、「○○○が懲戒処分になったらしい」というような使い方をする場合が多いのではないでしょうか。併せて会話例も見てみましょう。

懲戒処分の会話例

  • 質問者アイコン

    今朝のニュースで、また公務員の不正があったらしいよ。

  • 回答者アイコン

    またですか。
    最近よく耳にしますね。

  • 質問者アイコン

    横領らしいんだけど、懲戒処分になるらしいよ。

  • 回答者アイコン

    当然ですね。不正は厳しく罰するべきです。

身近でというよりは、ニュース等のメディアで見聞きすることが多いかもしれませんね。

懲戒処分の類義語

懲戒処分は総称になるので、同列で同じような意味の言葉というものはありませんが、懲戒処分の中には減給や停職や懲戒解雇といった細かい罰則が存在しています。したがって、これらのワードが類するものに相当すると言えます。

懲戒処分まとめ

懲戒処分というのは、犯した違反によって課される罰則が変わってくるので、どういった罰則があるのかを併せて把握してみるのもいいかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事