日本の憲法記念日は5月3日

憲法記念日(けんぽうきねんび)

あなたは憲法記念日と聞いて正確にどんな意味が込められた日なのか知っていますでしょうか。普段何気なく生活をしていく中でどうしても知らぬ知らぬのうちに通りすぎてしまう事は多いかと思います。今回のテーマは日本人であれば絶対に知っておきたい「憲法記念日」です。キチンとどんな日かを知る事で会話の幅も広がりますので是非最後まで楽しみながらご覧ください。

憲法記念日の意味とは

先ずはその意味について確認をしていきますが、そもそも「〇〇記念日」と聞いて皆さんの頭を横切るのは祝日だと思います。実際にこの憲法記念日も国民の休日として認定をされています。日付としては5月3日が当たります。そもそも今の日本の憲法は1947年の5月3日に施行され今に至ります。それまでの間ずっと日本の最大の取り決めとして君臨をしてきました。

憲法記念日の由来

実は憲法記念日の設立に当たっては面白い歴史があります。先ずその流れを理解するには11月3日が何の日かを知る必要があります。皆さんご存知の通り、文化の日です。実はこの11月3日というのは「天長節」という天皇の誕生日です。そして、天皇崩御後に国民から明治天皇の功績を伝えるために11月3日を祝日にして欲しいという動きが出てきて、後に「明治節」というものが出来るに至ります。しかし、第二次世界大戦で敗北を喫した日本はGHQに支配によって「明治節」が廃止される事になります。その後、日本国憲法の前身である大日本帝国憲法の公布日が2月11日だったことを受け、日本国憲法も同じく11月3日の公布日を「憲法記念日」として設定をする予定でした。しかし、国民と天皇とのつながりを絶ちたいGHQによって11月3日は認められず、結果的に施行日である5月3日が「憲法記念日」として設定されることになりました。

憲法記念日の文章・例文

例文1.憲法記念日は国民の休日だ
例文2.憲法記念日が生まれた隠れ秘話は分からない
例文3.憲法記念日に遊びにでかける
例文4.憲法記念日は日本国憲法の施行日に設定されている
例文5.日本国憲法が施行されたのは「憲法記念日」として設定をされている5月3日だ
なぜ5月3日が「憲法記念日」として設定されているのかだけでも把握をしておきたい内容です。

憲法記念日の会話例

  • 質問者アイコン

    5月3日ってなんの日か知ってますか?

  • 回答者アイコン

    さすがに知ってるよ、憲法記念日でしょ。

  • 質問者アイコン

    それってなんでその日に設定されているんですか?

  • 回答者アイコン

    この日に今の日本国憲法が施行されたんだよ。

憲法記念日についてはその名前がからある程度は何の日か連想はされますが、詳しくは知らないという方も多いです。主に記念日が近づいてきた際に質問として聞かれることが多いです。

憲法記念日の類義語

直接の関係はありませんが、元々は設定されるはずだった日にちという事で11月3日の文化の日は覚えておくと良いかもしれません。
こちらは今の日本国憲法が公布された日になります。

憲法記念日まとめ

皆さんの中でも憲法記念日について正確に知っているという方はそれほど多くは無かったかと思います。しかし、実際にその成り立ちなどを調べていくととても面白いエピソードが隠されていました。今回たまたまこの記事に出会ったことが何かの縁だと思い、是非この機会に憲法記念日の意味についてマスターしてしまいましょう。そして、特にお子さんや兄弟など近くに自分の大切な方がいれば今回学んだ事を教えてあげてください。日本人としてもキチンと歴史を学ぶ事で意図を理解出来て良いかと思います。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事