親子が一緒にハートを持っている様子

慈愛(じあい)

皆さんは「慈愛」という言葉を使用することはありますか?一般的に使われる事も多い言葉ですが、実はなんとなくしか意味を知らない…という方も多いのではないでしょうか。そこで今回はこの言葉について意味や由来、類義語なども合わせて解説していきます。

慈愛の意味とは

「慈愛」には文字通り「常に慈(いつく)しみを注(そそ)いでかわいがる(愛する)心」という意味があります。下の者や弱い者にめぐみや心をかけて優しくいたわり、大切にすることや、そのような心自体を言います。主に、親が自分の子供に対するような深い愛情を表すのに使われることが多い言葉です。

慈愛の由来

もともと「慈(じ)」という言葉は仏教用語で、語源的には「友」「親しきもの」を意味する mitraという単語から派生したもので、真実の友情・純粋の親愛の念を意味しています。
南方アジアの上座部仏教では「利益と安楽をもたらそうと望むこと」と注解し、大乗仏教でも「衆生を愛念することに名づけ、常に安穏と楽事とを求めて、以て衆生に施し利益を与えること」と述べられています。

慈愛の文章・例文

例文1.慈愛に満ちたまなざしで我が子を見つめる
例文2.母親の慈愛の心を感じられる、栄養満点の手作り弁当だ
例文3.彼は、菩薩のような慈愛に満ちた表情の優しい人だ
例文4.太陽から降り注ぐ暖かな慈愛の光を全身に浴びる
例文5.彼女のまなざしは、いつもどこか慈愛を感じさせる
深い愛情を表す言葉として、人だけでなく自然の生み出したものに対して使われる事もあるようです。

慈愛の会話例

  • 質問者アイコン

    Aちゃんはとても穏やかで明るい子だよね。

  • 回答者アイコン

    うん、きっと優しい家庭で育ったんだね。

  • 質問者アイコン

    以前お母さんに会った事あるけど、とても優しそうで慈愛を感じる人だったよ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだ。大切に可愛がられて、愛情深く育てられたんだね。

慈愛という言葉一つで、優しさ・愛情深さ・恵み・大切にする様子など、様々な意味を一度にイメージさせることが出来ます。

慈愛の類義語

類義語には「恩愛(おんあい)」という言葉があり、これは恵み・慈しみ・夫婦や肉親間の愛情・またそれに対する執着といった意味があります。 「慈悲(じひ)」という言葉には、仏や菩薩(ぼさつ)が人々をあわれみ、楽しみを与え苦しみを取り除く事という意味があり、これも類義語と言えるでしょう。悲とは、人々から苦しみを除こうとする心情をいいます。また「慈しみ」という言葉には、恵み・慈愛という意味があります。

慈愛まとめ

今回は「慈愛」という言葉の意味や由来について解説してきましたが、いかがでしたか?これは深い愛情を表現する素敵な言葉ですので、なんとなく言葉のイメージは当たってたけどちゃんとした意味は知らなかった…という方は、ぜひここで覚えて活用してみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事