意に沿う(いにそう)

意に沿うとは、相手の考えに従って行動することです。

[adstext]
[ads]

意に沿うの意味とは

意に沿うは、相手の考えに従って行動することです。

意に沿うの由来

意に沿うの「意」は胸に秘める気持ちを表しており、それに沿うことから意に沿うという言葉として使われるようになりました。

意に沿うの文章・例文

例文1.相手とはこれからも友好的な関係を築きたいと思っているし、何より相手のことが好きなので意に沿って行動する。
例文2.お客様の意に沿えるよう精進してまいります。
例文3.話し合いの結果、両者の意に沿えるような形でまとまらなかったものの着地点は見てたので、来週には答えがでるだろう。
例文4.相手の意に沿えないようでは、この先やってはいけないだろう。
例文5.相手の意に沿って行動をしてきたが、行動の意味をいままで考えたことがなかったので自分で決断することになると途端に困ってしまう。
これらから意に沿うという言葉は会話などの情景を表すために使われている言葉ということがわかると思います。特に意に沿うという言葉を聞いたことがある人も多いと思います。是非使い方を覚えておいてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

意に沿うの会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば結局この前のミーティングで新しい企画はやることになったのかい?

  • 回答者アイコン

    うん。社長の意に沿う形で始めることになったよ。

  • 質問者アイコン

    それはよかったね。僕も企画は面白そうだと思っていたんだよ。

  • 回答者アイコン

    また、来週企画に関する集まりがあるから細かいことはその時に話す予定なんだ。

意に沿うというものは、要望や目的に合わせてというニュアンスも持っています。そのことを知って意に沿うという言葉を使いやすいかもしれません。また、特にお客様の意に沿うなどといった言い回しはよく耳にすることがあると思います。そういった使われる場面も覚えておくといいでしょう。

意に沿うの類義語

意に沿うの類義語には、「服従」「丸飲みにする」「党員投票」「恭順」「随従」などがあります。

意に沿うまとめ

意に沿うの類義語には相手の言うことに従うという言葉が多く、実際に意に沿うというものも従って行動するという意味ですが、相手の思っていることや気持ちを汲んで行動するというところに違いがあります。なのでそこをよく注意して使い分けましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事