裁判で恩赦を受ける

恩赦(おんしゃ)

「恩赦」は刑罰を軽減や消滅させる事で、実行すると何かと世間に騒動をもたらします。最近は天皇陛下の即位に合わせて「恩赦」を10月に実施すると予定されているだけでなく、高齢ドライバー交通事故で話題となった”上級国民”とセットで「恩赦」が、特別な意味を持つ言葉として独り歩きしています。そんな不平不満を国民に募らせる可能性が高い「恩赦」についての解説です。

[adstext]
[ads]

恩赦の意味とは

「恩赦」の意味は以下の通りとなります。
 (1)刑罰を特別な恩典で軽くする。内閣が決定し天皇が認証する。
 (2)確定刑罰の一部や全部を消滅させる。
 (3)行政権で公訴権を消滅させ、刑の言い渡し効果を消滅させる。
 (4)律令制で天皇の大権で刑罰を軽減させる。
上記の説明は少し難しいですが、要するに刑務所に収監されてい犯罪人の罪が一部、または全て消滅する形となり、塀の外、所謂外に出て普通の生活を送れる事になります。ですから、一部では令和に伴う「恩赦」に大反対の騒動が巻き起こっていますが、実際には殺人犯や強盗犯が自由になり、出所する事は有りえません。前回の昭和から平成に改元された際、「恩赦」の対象者は約1200万人とされ、それが今回の騒動に繋がっている面もありますが、これらは交通法規違反者や公民権停止中の選挙違反者で微罪ばかりです。今回も仮に「恩赦」が実行されても、同様の犯罪者が対象となるのは確実です。

恩赦の由来

「恩赦」は歴史的な国家行事の際には、犯罪者への救済措置として、古くから実施されてきました。有名なのは江渡時代の「生類憐みの令廃止」に伴う「恩赦」、アメリカでも新大統領就任の際に行われる事が多いです。
日本での由来や歴史としては、中国が既に実施していたので、それを習い大化の改新の時代から、天皇陛下によって始まりました。かつては死刑囚でも恩赦された背景がありますが、それらは1940年代に発生した事件ばかりで、その後は大罪を犯した者の恩赦はありません。

恩赦の文章・例文

例文1.恩赦は個人的には行わない方が良いが、歴史的な背景からは慣例となっているので取り止めは難しい。
例文2.外国では、日本以上に恩赦が実施されている。
例文3.恩赦の背景には、犯罪を犯した公務員を救うという名目もありそうだ。
例文4.恩赦が秋に実行されたら、ネット掲示板は大荒れになると予想できる。
例文5.恩赦を期待する犯罪者家族がいるのも事実だ。
「恩赦」は例文は難しい面もあるので、解説のような文章になっています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

恩赦の会話例

  • 質問者アイコン

    恩赦って知っているよね?

  • 回答者アイコン

    当然知っているよ。私を誰だと思っているの(笑)。でも、実際に行われたら国民は不満に思うよね。

  • 質問者アイコン

    真面目な人がバカを見る典型みたいだよね。犯罪はダメと教えながら、新天皇即位で御目出度いから、犯罪者を許してあげようって事でしょう。

  • 回答者アイコン

    平たく言うとそうだよね。でも、交通違反とか軽い犯罪者ばかりだから、私は別にいいかな!

「恩赦」が10月に行われる予定なので、それぞれの立場で意見を言い合っています。

恩赦の類義語

「恩赦」の類義語には、「赦免復権」「大赦」などの言葉が挙げられます。

恩赦まとめ

「恩赦」は政府が主導になり、改元など新天皇の即位に合わせて、比較的に罪の軽い犯罪者の刑罰を軽くする事です。内閣が決定し天皇が認証する事で実施され、今回の令和における「恩赦」は10月の予定で、国民の不満感情に配慮して、前回よりも少なく軽微犯に限定する方向で調整されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事