怪我の功名(けがのこうみょう)

「怪我の功名」とは、失敗や過失、何気なしにやったことが偶然良い結果となることです。今まで、失敗してしまったと思っていたことがたまたま良い結果となったなんて経験はないでしょうか。今回は、そのような「怪我の功名」という言葉について、説明させていただきます。

[adstext]
[ads]

怪我の功名の意味とは

「怪我の功名」は、冒頭でも述べた通り、失敗や過失と思われていたことや、何気なく行なったことが偶然良い結果となるという意味です。

怪我の功名の由来

「怪我の功名」という言葉の由来は、その文字の通り、怪我という大きな過ちを冒してしまったら、思わぬ手柄を手にしてしまったという学び、教えからきています。元々は、「怪我の高名(こうみょう)」とも書かれていました。

怪我の高名の文章・例文

例文1.システムの動作確認で間違ってクリックしてしまったが、怪我の功名で、誰も発見できなかったバグが見つかった。
例文2.目的地と逆の方向に歩いてしまったが、そのおかげでずっと欲しかったものが売っているお店を見つけることができ、まさに怪我の功名だ。
例文3.残業で飲み会に参加できなかったが、同期は飲み会で一発芸をやらされたらしく、怪我の功名だった。
例文4.怪我で部活の引退前最後の大会に出られなくなったが、その分勉強する時間が増え、志望大学に合格することができ、怪我の功名であった。
例文5.失敗してしまったが、怪我の功名という言葉もあるから、ここから成功に導けるよう努力する。
「怪我の功名」についての例文です。失敗や過ちから思いがけないこともあるということです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

怪我の功名の会話例

  • 質問者アイコン

    この間電車に乗り過ごしてしまったんだ。

  • 回答者アイコン

    それは大変たったね。

  • 質問者アイコン

    ただ、電車に乗り過ごしたことで、大学時代の同級生にばったり会うことができて、乗り過ごして良い事もあったよ。

  • 回答者アイコン

    それは怪我の功名ね。でも乗り過ごしは気を付けてね。

「怪我の功名」について会話をする男女の様子です。男性は電車に乗り過ごしてしまったけど、それが偶然にも友人との再会につながり、怪我の功名であったそうです。

怪我の功名の類義語

「怪我の功名」の類義語は、「過ちの功名」「雨降って地固まる」などです。

怪我の功名まとめ

失敗や過ちから、思いがけない良い事が起きるということでした。本来は、怪我などの失敗はない方が良いですが、もし失敗してしまっても怪我の功名を信じて行動してみるというのも大切なことかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事