収容な雰囲気で心穏やかな女性

従容(しゅうよう)

スケジュール帳を開くと、朝から晩まで予定がぎっしり。分刻みの予定に身を任せていると、ときに寛大なハートを持てないことがあります。「最近、少し気ぜわしいな」と思ったときに心のポケットに収めておきたいのが従容という言葉です。生きるのがラクになる、従容の正しい意味について見ていきましょう。

従容の意味とは

従容【しょうよう】とは、落ち着いていること・決して慌てないことです。忙しい日常を送っていると思考回路が早送りになってしまい、一時停止や巻き戻しができないことがあります。冷静な判断をおこなうためのスパイスになるのが、従容という言葉。どんな時も決して怒ったり騒いだりしない。従容には正しく生きるためのアドバイスが込められています。

従容の由来

従容という言葉が付いた四字熟語に、従容自若【しょうようじじゃく】という言葉があります。従容自若とは、何があっても動じないさまを言い表した言葉。ゆったり大らかな気持ちを伝えている熟語です。人のあるべき姿を例えている従容自若、この熟語から自然に発生したとみるのが自然な流れです。

従容の文章・例文

例文1.大きな地震の後だったが、現地の人々は従容として過ごしていた。
例文2.いつ会ってもたおやかで従容な人、彼女にはそんなイメージがあります。
例文3.教師が従容な態度で接しているため、クラスはとても和んでいる。
例文4.従容たる主君をもって、兵士たちは幸せです。
例文5.死期がせまっていたが、患者は従容な面持ちだった。
気ぜわしい世の中において、行き急ぐことがベストと思われる風潮があります。何かが起こったとき芯を強くもっていれば、右往左往せずにやんわりと対応できます。従容には生き方に困ったとき、その心を温めてくれる言葉です。

従容の類義語

従容に似た意味をもつ言葉として、泰然・静謐・安穏・沈着などがあります。従容不迫【しょうようふはく】には、ゆったり落ち着いている様子…という意味があります。

従容まとめ

いつも時間に追われた日々を送っていると、従容のこころもちが薄れてしまう事があります。心が尖がっているときに覚えておきたいのが、従容というキーワード。従容には何事にも動じないさま・落ち着いているさまを表した言葉です。苦しく辛いときこそ大らかに、寛大な心で接したいものです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事