帰馬放牛の言葉通り戦争が起こらない事を願う

帰馬放牛(きばほうぎゅう)

帰馬放牛とは、争いを再度起こさないことのたとえです。争いというものは、歴史を見ればわかるように多くの期間行われてきたと言われています。そんな争いを起こさない戒めを表現する言葉として帰馬放牛という言葉があります。そんな帰馬放牛についてみていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

帰馬放牛の意味とは

帰馬放牛の意味は、争いを再度起こさないことのたとえです。争いでは、騎馬戦や火牛之計という言葉があるように、馬や牛が駆り出されることがあったそうです。そのため、馬や牛を放つということは争いをしないという意味を持つようになり、帰馬放牛は、そういった意味を持つ言葉として使われるようになっています。

帰馬放牛の由来

帰馬放牛の由来は、中国の故事にあります。戦いを終えた後、もう争いをおこなさないように馬や牛を野に放ったことが帰馬放牛という言葉が使われはようになったことに起因しているそうです。

帰馬放牛の文章・例文

例文1.こんな酷い争いをして誰か幸せになるのだろうか。帰馬放牛してもうこんな歴史を繰り返させはしない。
例文2.帰馬放牛することによって、もう争いをしないということを表明する。
例文3.帰馬放牛して戦う術をなくした今、隣国に攻め入られては、なす術ないだろう。
例文4.帰馬放牛して、学問を重んじこの国を発展させてより国を豊にしていくことに全力を尽くす。
例文5.帰馬放牛することによって、これ以上戦う意志のないことを敵国に知らせる。
これらから帰馬放牛という言葉は、戦いを二度と起こさないといった様子を表すに使われるたとえになります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

帰馬放牛の会話例

  • 質問者アイコン

    争いの決着がついた今、もうこれ以上戦う必要はないんだ。

  • 回答者アイコン

    その通りだと思うよ。争いはなにも生まないし、失うだけだよ。

  • 質問者アイコン

    だから帰馬放牛することにしたんだ。もう争いをしようとしてもできないようにね。

  • 回答者アイコン

    それは、素晴らしい決断だと思うよ。隣国にも戦う意志のないことを示すことができるしね。

これは、ある戦いをこれ以上繰り返さないために帰馬放牛をしている様子です。

帰馬放牛の類義語

帰馬放牛の類義語には、「放馬南山」「崋山帰馬」「放馬南山」などがあります。

帰馬放牛まとめ

私たちは、歴史を今までに勉強してきて争いや戦争がなにも生まないこと、悲惨さを知っています。だからこそ、戦争は繰り返してはいけないことも知っています。また、今日、昔の帰馬放牛ではありませんが、周囲の脅威となる危険物を持たないことは、周りに敵意がないことを示す手段でもあり、そういった様子を表すときには帰馬放牛という言葉は使うことができるので覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事