寡占に下線を引く場面

寡占(かせん)

「寡黙な人」といった形でこの言葉を見かけたことがある方は少なくないかもしれませんね。この言葉は「寡占状態」「寡占化」などといった表現で「少数企業が同市場を独占している」状態を指し示す言葉となります。今回はそんな会社を経営している人ならぜひそうなりたいと感じる方もいらっしゃるかもしれない「寡占」という言葉を掘り下げたいと思います。

[adstext]
[ads]

寡占の意味

寡占とは、「少ない」「失った」などの意味を持つ「寡」という言葉と「独り占め」「占う」といった意味を持つ「占」という字が合わさることによって「同じ業界の中で大企業という大きさに分類される少数の会社がそのマーケットを独占しているような状態を表すビジネス用語になります。

寡占の由来

この寡占という言葉がいつから用いられるようになった言葉なのか、明確な語源は不明ですが、これと似て非なる意味を持つ「独占禁止法」という法律が制定されたのは1947年。昭和22年の時であったため、この言葉の概念は1947年あたりから存在していたと考えられます。

寡占の文章・例文

例文1.寡占化が進む。
例文2.長期に渡り寡占状態が続いていた。
例文3.寡占企業の行動モデル化のためゲーム理論を用いる。
例文4.周囲に競合店がない店は自然寡占化しやすい。
例文5.寡占企業の一員になる。

寡占は「複数の企業によるもの」というところが1つポイントです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

寡占の会話例

  • 質問者アイコン

    信じられませんね。ウチの会社が寡占企業の1つになるなんて。

  • 回答者アイコン

    それだけ確固たるものを築けたってことですからね。

  • 質問者アイコン

    テレビで見ない日はないほどCM打ってる会社名も含まれているその仲間入りですからね。

  • 回答者アイコン

    今度お祝いしますか!

寡占企業として扱われている会社は非常に有名なところばかりになるので、その仲間入りをするというのは会社にとって非常にハードルが高いと言えるものになります。

寡占の類義語

寡占の類義語として「企業連合(きぎょうれんごう)」や「双方寡占(そうほうかせん)」といった言葉が挙げられます。

寡占まとめ

寡占という言葉が独占という言葉と大きく異なるのはやはり「複数」である点でしょう。
コーラと言えば「コカ・コーラ」「ペプシコーラ」。家庭用ゲーム機と言えば「任天堂」「ソニー」など。また並ぶ企業名を見れば寡占企業となるためにはそれ以上に絶対的な実力を持っていることが条件とも言えるため、寡占企業の仲間入りは会社にとって大きな安泰の礎ができたとも言える出来事と言えるのかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事