富裕層のリッチな生活

富裕層(ふゆうそう)

富裕層という言葉は一般的によく使う言葉ですが、一体線引きはどこからなのでしょうか、考えてみるとよくわからないですよね。そう言ったことも含めてここでは富裕層の意味や定義についても、わかりやすく説明していこうと思います。

[adstext]
[ads]

富裕層の意味とは

富裕層とは一般的にお金持ちという意味で使われる言葉です。しかし公的には定義のようなものはなく曖昧なものとなっています。そのためこう言った富裕層の定義には色々な会社で定義が違います。今回説明する上で参考にするのは野村総研の調査と定義を参考にしていきます。結論から言うと「純金融資産保有額」の金額で定義しています。野村総研では5つのそうに分けており、超富裕層5億円以上、富裕層1億円以上5億円未満、準富裕層5千万円以上1億円未満、アッパーマス層3千万円以上5千万円未満、マス層3千万円未満と言うように分けられています。これをみて分かるように富裕層1億円以上5億円未満を指しています。こうした金額で分けられると分かりやすいですね。つまりお金持ちと呼ばれる人にはすぐにお金に帰ることができるものやお金を1億円以上持っていると定義しているわけです。

富裕層の由来

富裕層は、財産がたくさんあり生活が豊かといういみの「富裕」と財産などの資産を段階を表す「層」という言葉を使ってできた言葉です。

富裕層の文章・例文

例文1.富裕層の人たちは毎日キャビアを食べているイメージだ。
例文2.富裕層のになるために必死に働いている。
例文3.あの家系に生まれた時点でなんの努力をしなくても富裕層になれる。
例文4.富裕層になってランボルギーニを買うのが私の夢だ。
例文5.富裕層の上には超富裕層と呼ばれるそうがある。
富裕層になっていい暮らしをすることが大抵の人のモチベーションになっていると言えます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

富裕層の会話例

  • 質問者アイコン

    自分は将来起業してたくさんお金を稼いで富裕層になろうと思っているよ。

  • 回答者アイコン

    それは頼もしいね、でもどうしてそこまで富裕層になりたいの?普通の生活じゃダメなの?

  • 質問者アイコン

    だってお金持ちになったら誰からも認められるし、自分の言うことに耳を傾けてくれるようになると思うんだ。そうしたら自分ができることってもっと増えると思わない?

  • 回答者アイコン

    確かにそうだね、そうなるとお金持ちになってからが大事ってことだね。ノブレス・オブリージュという言葉もあるもんね。

富裕層になることはすごいことですし世界でもなれる人は一握りでしょう、しかしその富裕層以上の人たちの振る舞いやお金の使い方で社会の動きが変わっていくことも事実ですね。

富裕層の類義語

富裕層の類義語には、「超富裕層」「資産」「財産」「準富裕層」などがあります。

富裕層まとめ

まとめると富裕層はこの社会で経済的な権力を持っていてそいうった人たちのお金の使い方が社会にとってとても重要であるということが言えます。皆さんももしお金持ちになりたいと考えているなら社会に貢献できるような人になれたらいいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事