宅地化農地

宅地化農地(たくちかのうち)

「宅地化農地」は最近何かと話題になっている、都心部の土地価格暴落を予見する「2022年問題」の際に同じ様に問題提起される一つとなっています。また、「生産緑地」についても理解をしないと、これらのテーマについて理解できないので、それぞれを絡ませながら「宅地化農地」について解説となります。

[adstext]
[ads]

宅地化農地の意味とは

「宅地化農地」の意味は以下の通りとなります。
 (1)都市計画法による、市街化区域内にある市街化区域内農地に分類されるのが「宅地化農地」。もう一つが「生産緑地」。
 (2)都市計画に置ける、保全する必要がない農地が「宅地化農地」で、保全する農地が「生産緑地」。
 (3)「宅地化農地」は農地ではなく宅地扱いとなるので、宅地並みの税金を支払う。
「宅地化農地」とは文字通りに、住宅用としても可能な農地を示します。1970年代に入り、日本が経済成長を遂げていくと、近代化が進む半面として都心部の緑地や農地が減少する一途をたどるようになりました。それを防止する目的で、特に東京・大阪・名古屋の三大都市圏の特定市の農地などを守る目的で、昭和49年に生産緑地法が制定されました。この法律により、三大都市圏の市街化区域内農地は、住宅に活用される「宅地化農地」と保全目的の農地「生産緑地」に分類されました。「宅地化農地」は行政も、宅地や転売などを推奨し、また扱いが宅地同等となるので、固定資産税や都市計画税で優遇されるメリットもありません。一方、保全目的の「生産緑地」は、三大都市では有り得ないぐらい税制上で優遇されるが、30年間は農業を続ける義務が発生します。今回、都市部の地価が暴落されると噂されているのは、「生産緑地」の優遇措置の期限切れが2022年から始まり、これまで市場に出回らなかった土地が一気に売却されると懸念されているからで、これが「2022年問題」です。

宅地化農地の由来

「宅地化農地」とは前記した通り、宅地化扱いとなる農地です。昭和43年に都市計画法が制定され、生産緑地法の改正により、平成4年に生産緑地地区と宅地化農地地区に完全に分類されました。

宅地化農地の文章・例文

例文1.宅地化農地の固定資産税を考えると、アパート経営に踏み切るか真剣に悩んでいる。
例文2.宅地化農地の税金支払いが、頭痛の種となっている。
例文3.生産緑地2022年問題で地価下落になるようなら、宅地化農地も大ダメージで売りたくても売れない状況になる。
例文4.宅地化農地は近年、右肩下がりで減少している。
例文5.生産緑地は売れない、貸せないなど厳しい条件がある分で税制優遇があり、宅地化農地は宅地並みの税金となる。

「宅地化農地」は生産緑地2022年問題と絡めた文章や説明となるのが、典型的なパターンです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

宅地化農地の会話例

  • 質問者アイコン

    2022年に大変な事が起こるの知っている?

  • 回答者アイコン

    生産緑地が2022年以降、一気に売却されるかも知れない問題でしょう! じゃあ、宅地化農地の問題は知っているの?

  • 質問者アイコン

    えーと、分からない。何があるの教えて!

  • 回答者アイコン

    生産緑地も基本は農地でしょう。これが、マンションやアパートの宅地に今後は使用とすると、地価が下がるから、宅地化農地にも悪影響でしょう。となると、双方がここぞと売りに転じたら、緑地は減るし地価は暴落で、それが三大都市圏で連鎖的に起こると、大問題だよ。

2022年問題が「宅地化農地」にも悪影響となる会話です。

宅地化農地の類義語

「宅地化農地」の類義語には、「農地転用」「宅地転用」などの言葉が挙げられます。

宅地化農地まとめ

「宅地化農地」は、2022年から「生産緑地」の売却や賃貸住宅建設の許可、それに伴う三大都市部の地価暴落を引き起こすと懸念される「2022年問題」と絡めて、近年何かと話題の言葉です。都市計画における東京・大阪・名古屋などの三大都市の市街化区域内の農地は、「宅地化農地」と「生産緑地」に分類され、保全する必要はないが税制優遇が適用されないのが「宅地化農地」で、保全する必要があり様々な条件があるが税制優遇されるメリットあるのが「生産緑地」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事