田舎を求めて孫ターンをする

孫ターン(まごたーん)

地方の過疎化、少子高齢化が進む中、孫ターンがより広まっていけばいくつかの問題は解決に向けて動き出して行くかもしれません。では一体この孫ターンの意味や由来をわかりやすく解説していきます。

[adstext]
[ads]

孫ターンの意味とは

孫ターンの意味とは、祖父母の住む田舎に移住することのことをいいます。子供ができてより子育てに適した環境を求めてこの移住をする人が多いことから、この様な言葉が生まれたと言われています。
また、祖父母の介護のために田舎に帰省する人もいる為、その様な意味合いで使われる事もあるそうです。綺麗な空気、綺麗な水や自然の中で子供を育てたいと思う人も増えてきており、最近のウィルスによる自粛の状況下でも伸び伸びでき、子供にとってはストレスが少ないと考える人がいることも自然です。これからもウィルスなどの問題が続くかもしれないと考えると、こうした田舎に住む事を選択する人は増えてくる事でしょう。

孫ターンの由来

孫ターンの由来として有力なのは、「Uターン」の表現を織り交ぜて使われる様になったと言われており、孫の代になって田舎に戻る事からその名がついています。

孫ターンの文章・例文

例文1.若者が田舎に移住する孫ターンが増えている。
例文2.孫ターンの言葉の由来は、「Uターン」から来ている。」
例文3.孫ターンが地方をより活性化する。
例文4.子供をのびのび育てるには、孫ターンを考えてもいいだろう。
例文5.祖父母の介護のために、孫ターンする。
リモートワーク働き方改革により、仕事のスタイルが柔軟になった事によって、地方で働きながら子供を育てると言う選択肢が出てきています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

孫ターンの会話例

  • 質問者アイコン

    最近ウィルスによる自粛でリモートなんだけど、ずっと家にいないといけないから伸び伸びしたいな。子供たちもかわいそうだし。

  • 回答者アイコン

    最近孫ターンっていって、子供がいる若者とかが田舎に移住するのが多いらしいよ。田舎に家買っちゃえば?

  • 質問者アイコン

    それ本当にいいよね。人が少ないから伸び伸び出来るし、リモートだから給料も今までと変わらずに貰えるし。

  • 回答者アイコン

    すごい良いと思うよ。田舎だったら、土地もすごく安いから家も買えるだろうし。

この様に東京の会社で働きながら地方で暮らす新しいスタイルが増えてきています。

孫ターンの類義語

孫ターンの類義語には、「嫁ターン」「脱都市」「Uターン」「Iターン」「Jターン」などがあります。

孫ターンまとめ

地方の少子高齢化が進み日本で大きな問題の一つに挙げられていますが、世間のリモートワークの拡大による孫ターンが増えつつある事で、この問題に解決のいとぐちが見えてきている事が分かりますね。日本全体の少子高齢化もあるのでまだまだ解決には至らないと思いますが、人々の生活の選択肢が増える事で、間違いなく良い方にいく事は間違い無いでしょう。今の若者が子供が欲しい、と思うためにもこの選択肢は大きいと言えます。そうして子供が増えていけば根本的に少子高齢化の解決につながる可能性もありますね。皆さんも田舎への移住を選択肢の一つに入れてみてはいかがでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事