姦しい

大人になると多少分からない・読めないと思っても、ついつい知っているフリをおこなってしまう事も多々あるものです。今回は難易度のやや高い「姦しい」のフレーズについて、触れていきたいと思います。姦しいにはどのような意味があるのか、正しい例文と使い方について学習していきましょう。

姦しいの意味とは

姦しいは「かしましい」と読みます。あまり普段づかいされない言葉ですが、姦しいにはうるさい・賑やか・口やかましいといった意味合いがあります。大勢の人たちが一斉におしゃべりしている様子を述べたもので、ワイワイ・きゃっきゃっと弾むようなフレッシュな空気感をあらわしています。

姦しいの由来

姦しい…は日本のみで使われる言葉です。この言葉を用いた「女3人寄れば姦しい」ということわざは、井戸端会議にふける女性たちを皮肉って男性目線で付けられた言葉…という説があります。
姦しいの文字には、女という漢字が3つもくっ付いています。1人だけでは物静かな女性も仲間が2人3人と増えるにつれて気が大きくなり、会話の内容やボリュームも1人のときと比べものにならないくらい大容量になるもの。赤信号みんなで渡れば怖くない…ではありませんが、大勢になると我を忘れてしまう人間の悲しいサガをあらわしたユニークな言葉です。

姦しいの文章・例文

例文1.女性スタッフが増えて、以前より姦しい雰囲気になった
例文2.ご近所の方たちが、今日はやけに姦しい
例文3.女三人寄れば姦しい、無駄口はほどほどにしなさい
例文4.パーティールームに入ると、あちこちで姦しい声がこだましていた
例文5.いくら飲み会の席とはいえ、姦しい行いは慎みなさい
大勢の人たちが集まると、あちこちで姦しい声が聞こえてきます。親しい人との触れ合いは重要なものの、ときには周囲の方への気配りと優しさも必要になります。

姦しいの類義語

姦しいの似た意味をもつ言葉として「五月蠅い」「騒々しい」「けたたましい」などの言葉があります。どちらも聞いていて気分の良い言葉ではなく、癇に障ったり気分を害するときに使用される、ややマイナスの意味をもつフレーズです。使用するときにはこれらの意味を踏まえたうえで、発言することが大切です。

姦しいまとめ

姦しいには大勢の人たちが集まってうるさい、世話しない、やかましい…といった落ち着きのない意味あいがあります。個人としてはとても静かで大人しいのに、気の合う同僚が数名集まると、つい羽目を外して大声でがなり立てたくなる事もあるものです。
周囲の人たちから「あの人たちは、本当に姦しい」と冷たい目線を向けられないためにも、公共の場において一定のマナーとルールを守ることは非常に大切です。大人の知恵とマナーを大切に生きていくと、あなたの品格と株はおのずと上がっていきます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事