彼女に奉仕する介護士

奉仕(読み)

「奉仕」という言葉は現在でも、時々耳にするものですが、皆さんはどのような意味として理解されているでしょうか?今回は「奉仕」について意味や例文を交えて深く解説していきたいと思います。

奉仕の意味とは

「奉仕」とは国家や朝廷のために自分の身をささげて、精一杯尽くすことを意味しています。簡単に言うと、献身的に人や国や社会のために謹んで尽くすことを指した言葉です。

奉公の由来

奉仕の由来は、中世の日本において、主に武士の主従関係が由来となっています。当時の武士の関係性は、決して片務的なものではなく、相互に利益を与え合う関係で成り立っていました。主人が従者へ与えた利益を御恩といって、従者が主人にもたらす利益を「奉仕」と呼んでおりました。平安時代からこのような相互の関係を築いておりましたが、本格的になってきたのは、鎌倉時代で、源頼朝が鎌倉殿になってからと言われています。

奉仕の文章・例文

例文1.国家公務員に就職が決まったため、国のさらなる発展に奉仕する。
例文2.結婚が決まり、今まで、たくさんお世話になった彼女に奉仕する。
例文3.私は、人の笑顔が大好きなので、社会人になったら社会のために奉仕する。
例文4.彼女は生まれ育った田舎の奉仕活動に熱心に参加している。
例文5.私は、社会奉仕のために、以前から考えていた事業を起業することに決めました。
上記が「奉仕」という言葉を使った、文章・例文になります。やはり誰かのために尽くすことを指す言葉なんですね。

奉仕の会話例

  • 回答者アイコン

    彼氏がようやくプロポーズをしてくれて、来月結婚することが決まりました。

  • 質問者アイコン

    ホントに?おめでとうございます。長く待ったかいがありましたね。

  • 回答者アイコン

    そうですね。本当に嬉しいです。

  • 質問者アイコン

    これからは、彼にたくさん奉仕してもらって下さいね。

上記が「奉仕」を使った会話文になります。男女間の会話の一例を出してみました。

奉公の類義語

「奉仕」の類義語は「御恩」、「尽くす」、「感謝」、「勤務」などが挙げられます。

奉公まとめ

古くから使われてきた「奉仕」という言葉ですが、誰かのために一生懸命尽くすという言葉だったんですね。昔に使われていた「奉仕」という言葉は、御家人が、幕府に対して、軍役や様々な警護・警察業務によって「奉仕」することにより、幕府が御家人に対して、「御恩」によって、領土・土地を新しく与えるか、先祖代々の領土を保証するものでした。現在は誰かのために尽くすこととして捉えられていますので、今もそういった意味では、変わってない言葉です。日ごろからお世話になっている方に、きちんと「奉仕」できていますでしょうか?今一度、ご自身の身の回りを思い返してみて、該当する方がいらっしゃったら、感謝し、「奉仕」してみるといいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事