夏木立(なつこだち)

夏木立は、夏に生い茂る並木のことです。夏という季節は、日差しが強く木々にとって大切な光エネルギーを多く吸収することができます。そのため、多くの植物は、夏に葉が生え緑豊かな姿になり、秋にはその葉を散らしていきます。そのような夏に立ち並んで木々が生い茂る様子を表す言葉が夏木立です。今回は、そんな夏木立について意味などとともに説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

夏木立の意味とは

夏木立の意味は、夏に生い茂る並木のことです。夏に生える木々の様子をありありと伝えることができる言葉です。また、文章として夏木立という言葉を用いることによって季節が夏であることを間接的に伝えることができます。覚えておくといいと思います。

夏木立の由来

夏木立の「夏」は春と秋に挟まれた季節で、四季のある場所では、気温が一番高い期間のことを意味します。また、「木立」は立ち並んで生える木のことを意味します。これらの言葉を組み合わせて夏木立という言葉が成り立っています。

夏木立の文章・例文

例文1.快晴の空の下で、夏木立の日陰で気持ちいい風を感じながら眠りにつく。
例文2.夏木立をみると、春が過ぎ去ったことということを改めて実感する。
例文3.故郷に久しぶりに帰省したときに、変わらない夏木立見て安心した。
例文4.夏木立があるこの地域一体の空気はとても綺麗だ。
例文5.夏木立と自然に暮らす生き物の観察を行う。
これらから夏木立は、夏に生い茂る並木のことを表すときに使われます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

夏木立の会話例

  • 質問者アイコン

    もう少しで夏の終わりが近づいているね。だいぶ涼しくなってきたよ。

  • 回答者アイコン

    本当だね。夏木立の葉が散って季節の変わり目であることを感じるよ。

  • 質問者アイコン

    秋は食欲の秋はとも言うし、美味しいものがたくさん食べれると思うと楽しみだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。秋は特に秋刀魚が美味しいから食べようと思っているよ。

これは、これは季節が夏から秋に変わることを話している様子です。

夏木立の類義語

夏木立の類義語には、「並木」「松原」「雑木林」などがあります。

夏木立まとめ

夏木立という言葉は、自然に溢れている様子を表すには、とても便利な言葉です。夏木立はその言葉の通り木が並んで生い茂っている様子などを表すので花などにはほとんど使われることがないので覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事