塩対応とはそっけない態度をとられる事

塩対応(しおたいおう)

皆さんは、「塩対応」という言葉を聞いたことあるんじゃないでしょうか?某アイドルがまさにこの「塩対応」で有名だったと思います。
近年耳にする事が多くなった「塩対応」ですが、聞いたことはあるけどどういう時に使えばいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。
今回は、この「塩対応」とは一体何なのか、説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

塩対応の意味とは

塩対応とは簡潔に言いますと、「そっけない接し方」です。
この塩対応を、された側がどう思うかは人それぞれだと思います。例えば、アイドルの握手会などで「塩対応」をするアイドルが好きな方は多くいると思います。
その逆で、ショップの店員さんに「塩対応」をされて不快な思いをした事がある方などいるんではないでしょうか?

塩対応の由来

塩対応の語源は、相手が不快な感じを受ける態度や対応をする「しょっぱい対応」から変化をしていき、知らぬ間に「塩対応」となっていきました。
塩対応の由来は、アイドルが握手会などイベント時にファンへの対応が素っ気なく、ファンがそのアイドルの様子を塩対応と表現したことから広まったようです。

塩対応の文章・例文

例文1.大好きなアイドルの撮影会での塩対応ぶりが凄くがっかりした
例文2.塩対応をされるとムカつく
例文3.ショップ店員が、塩対応だったのでもう行きたくない
例文4.彼女が最近塩対応で悲しい
例文5.先輩に挨拶したら、塩対応された
塩対応という言葉は日常生活で使いやすいそうですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

塩対応の会話例

  • 質問者アイコン

    普通のアイドルは好きじゃないから塩対応する位の方がいい

  • 回答者アイコン

    もしかしてMなの?

  • 質問者アイコン

    Mではないけど、なんか普通のリアクションするアイドルより面白味があって好きかな

  • 回答者アイコン

    なるほどね!そういう楽しみ方もイイかもね

この「塩対応」に対して、アイドルの握手会などで使われる「神対応」という言葉がありますが、
そっけない対応をされて嬉しくない人もいれば、逆に嬉しいという方もいます。

塩対応の類義語

塩対応の類義語ではなく、逆のケースでは「神対応」があります。
塩対応とは真逆で、握手会の時などでっ相手の目を見ながら手を握ったり、しっかり話しかけてくれたりするという事です。

塩対応まとめ

人によっては塩対応というものに好意を持つ事もあれば否定される事もあります。
様々な場面によって一つのテクニックとしてこの「塩対応」を使いこなしていく事も有効な方法かもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事