基礎疾患の原因を表した画像

基礎疾患

近年基礎疾患による病気の症状悪化で重篤化や、最悪の場合亡くなってしまうケースが多くなってきました。暴飲暴食や喫煙、生活習慣の悪化やストレスで増加傾向にある基礎疾患ですが、一体どういったものを指すのか。ここで徹底解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

基礎疾患の意味とは

基礎疾患とは、さまざまな疾患の原因となっている病気を総称したもののことを言います。指心筋梗塞や脳梗塞に対する動脈硬化症や糖尿病を始め、呼吸器疾患、人工透析を受けている方、免疫抑制剤や抗癌剤治療を受けている方などその病気や治療によって新たな病気を発症する可能性のあるものが当てはまります。
また現在の新型コロナウイルスでは、基礎疾患を持っている人が重症化しているという報道もあり、一層の警戒が必要です。

基礎疾患の由来

まるで樹木の幹のように、様々な病気の元となりうる病気、疾患という意味で基礎疾患と呼ばれるようになりました。どの病気が基礎疾患でどの病気が基礎疾患でないかははっきり定義はされていませんが、主に生活習慣病が多くそれにあたります。生活習慣病とは「高脂血症」「高血圧」「糖尿病」などを指します。

基礎疾患の文章・例文

例文1.基礎疾患があると重症化しやすい。
例文2.生活習慣病は基礎疾患の一つだ。
例文3.基礎疾患がなくても亡くなってしまう人もいる。
例文4.年齢別による基礎疾患の種類
例文5.基礎疾患のある方は特に注意してください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

基礎疾患の会話例

  • 質問者アイコン

    そういえば先月の検査で糖尿病って診断されちゃいました

  • 回答者アイコン

    糖尿病!?生活習慣が悪かったのかな

  • 質問者アイコン

    最近仕事のストレスで暴飲暴食気味になってたのが原因かもしれません…

  • 回答者アイコン

    今インフルエンザ流行ってるし、そういう基礎疾患持ってると重症化しやすいから気をつけてね

基礎疾患は軽く見てると本当に危ないので気を付けましょう。

基礎疾患の類義語

基礎疾患の類義語には、「生活習慣病」「持病」「慢性疾患」などがあります。

基礎疾患のまとめ

基礎疾患とは、様々の病気を発症させ、また重症化させうるまさに病気の元となる病気のことでした。その多くは普段から予防できるものも多いので、若いから大丈夫と思わず生活を見直し将来かからないようにしていきたいものですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事