地方創生は重要な政策だ

地方創生(ちほうそうせい)

多くの国がそうであるように日本においても、企業が首都の東京に一極集中しています。一方、地方を見てみると経済の冷え込みや人口の減少が問題になっています。このような地方の問題を解決するために第2次安倍改造内閣が発表した政策のひとつに地方創生があります。ここでは、日本全体を活性化するために発表された、地方創生の意味や由来、使い方や類義語について説明いたします。

地方創生の意味とは

地方創生は第2次安倍政権発足時の2014年9月3日に総理大臣記者会見において発表された政策です。
地方創生の一連の政策は、日本が直面している人工急減・超高齢化という大きな課題に対し、政府一体となって取り組み、各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することを目指しています。具体的な政策として、各地域への地方創生特区の認定、地方創生カレッジなどの情報・人材支援、地方創生応援税制などによる財政の支援、政府関係機関の地方移転などが挙げられます。このような国から地方への情報・人材・財政の各種支援によって、地方への安定した雇用の創出、人口の流入、出生率の増加、地域の活性化が期待されています。

地方創生の由来

地方創生は、地方の活性化を重視した日本全体の活力をあげる政策名で、2014年9月3日に行われた第2次安倍改造内閣発足時の総理大臣記者会見で発表されました。

地方創生の文章・例文

例文1.第2次安倍政権では政策のひとつとして地方創生が掲げられた
例文2.地方創生によって、地域の活性化と好循環の維持を目指す
例文3.地方創生担当の特命大臣が任命された
例文4.各地域で地方創生特区が認定されている
例文5.地方創生のため政府関係機関の一部が地方へ移転された
地方創生は、第2次安倍政権の発足時に総理大臣記者会見で、地域の活性化を始めとした日本の活力をあげるための一連の政策として発表された言葉です。地方創生の政策を受けて、地方創生にかかわる行政を所管する国務大臣として、内閣府特命担当大臣(地方創生担当)が任命されるようになりました。地方創生の政策の一環として、国による規制を緩和した地域の活性化を目的とした地方創生特区が各地域に認定されたり、政府関係機関の一部が地方へ移転されています。

地方創生の類義語

地方創生の類義語には「アベノミクス」「まち・ひと・しごと創生」が挙げられます。

地方創生まとめ

加速度的に進む日本の人口減少・超高齢化や、東京圏への人口の流入による地域の人口の減少や経済の衰退に対応するために2014年9月に掲げられた一連の政策が地方創生です。これを受け、地方創生担当に特命大臣が新たに任命され、国が地方に対して情報・人材・財政の支援を行い地域の活性化を促しています。
政府の発表を確認する場合には「首相官邸・地方創生」で確認をしてみましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事