今日は土用の丑の日

土用の丑の日(どようのうしのひ)

日本では、「土用の丑の日」という習慣があり、一般的には鰻を食します。ただし、ただ鰻を食べる日ではありません。そこには歴史的にこういう理由で存在している日というのが存在しています。そこで、土用の丑の日がどういう日なのかを解説していきたいと思います。

土用の丑の日の意味

まず、土用の丑の日の”土用”とはそもそも何なんかというところからですが、これは五行に由来している雑節の一つを表しています。四つの季節の始まりを表す、立春・立夏・立秋・立冬のそれぞれ直前18日間を表しています。これの丑の日に当たるのが土用の丑の日です。つまり夏の土用の丑の日は、立秋に当たる8月8日の前日までの18日間が土用になります。
丑の日に鰻を食べるのは、夏の暑い日を栄養価の高いものを食べて乗り切ろうという考えによるもので、歴史的には1772−1788年頃からの風習として存在していたそうです。ただ、様々な観点から栄養が取れる現代においては、夏に鰻を食べるという必要はなく、ただ習慣として根付いてしまっています。

土用の丑の日の由来

土用の丑の日の言葉は上述させていただいた通りで、五行による土用と四季の始まりを表す時期からその言葉が成り立っています。

土用の丑の日の文章・例文

例文1.土用の丑の日だから鰻を買ってこよう
例文2.今日は土用の丑の日だった
例文3.土用の丑の日に鰻を食べるのは昔からの習慣
例文4.今年の土用の丑の日は何日だろう
例文5.土用の丑の日に鰻を食べて英気を養おう
値段の高い鰻を食べる口実になる1年に1回の習慣なので、テンションが上がる人が多いのではないでしょうか。

土用の丑の日の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は土用の丑の日だから、鰻を買ってくるよ。

  • 回答者アイコン

    そうか!
    明日は土用の丑の日なんだね。

  • 質問者アイコン

    そうだよ。1年に1回だし贅沢しよう!

  • 回答者アイコン

    そうだね。楽しみにしているよ!

土用の丑の日は毎年違うので、今年が何日なのかをチェックしておいた方がいいでしょう。

土用の丑の日の類義語

土用の丑の日は似たような言葉というのは存在していませんが、縮めて「土用」や「丑の日」と呼ぶこともあります。

土用の丑の日まとめ

土用の丑の日について簡単にまとめてきました。この日に関してはまだまだ詳細な情報もあるので、興味がある方は是非調べて見てください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事