国賓として招く

国賓(こくひん)

2020に開催される東京オリンピックや、諸外国との様々な課題・問題のために、各国の元首や政財界の主要ポストにある人員が一同に会することになります。こうしたサミットであったり、国家元首同士の話し合いの席が発生すると、迎える側の国は「国賓」として迎えることになります。そこで、「国賓」の定義とはそもそもどう行ったものなのかなど解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

国賓の意味

国賓というのは、国家が外国から訪れる客人を「賓客」として迎え入れる対象のことを指します。例外を除いて、国家元首が外国を訪問する際にもこの扱いを受けます。基本的には、来日してから帰国するまで、元首が国費で接待します。トランプ大統領が元首として来日をすれば、首相が接待対応をするということになりますね。

国賓の由来

日本における国賓の歴史は、情報として残されているもので1952年(昭和27年)がもっとも古いものになるようです。それ以降の来日の国賓は全て残されれいますが、それ以前は情報として残っていないようなのです。

国賓の文章・例文

例文1.アメリカからトランプ大統領が国賓として迎えられるらしい
例文2.国賓とは国費を使って接待をすることのようだ
例文3.人生で1度でいいから、国賓のような接待を受けてみたいものだ
例文4.首相が国賓としてフランスに出向いているらしい
例文5.どの国から訪れようと、国が招いている以上国賓であることに代わりはない
国賓に直接的に携わっている人は少ないかと思いますが、話題として取り上げられることが多いので、使い方や意味を理解しておくといいですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

国賓の会話例

  • 質問者アイコン

    安倍首相が国賓として、明日からフランスに行くらしいね。

  • 回答者アイコン

    フランスかぁ羨ましいなぁ。
    国賓扱いなんて最高だよね。

  • 質問者アイコン

    一応仕事の要素もあるんだろうけどね。

  • 回答者アイコン

    それでも接待を受けられるんだから羨ましいよ。

旅行のような実費で行くのではない分、このような羨む会話が出ることもあるのではないでしょうか。

国賓の類義語

国賓と似たような言葉だと、「主賓(しゅひん)」であったり「賓客(ひんかく・ひんきゃく)」という言葉がありますが、どちらも大切なお客様という意味の言葉になります。

国賓まとめ

様々な場面で日本が国賓を招いている様子、もしくは日本の首相が国賓として招かれているような話を耳にすることがあると思います。これらの中には友好関係を結ぶという公務も当然含まれているので、とても大切なことになります。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事