団体信用生命保険

マイホームを購入するときに、必ず知っておきたいのが団体信用生命保険という言葉です。団体信用生命保険を正しく理解しておくと、ライフスタイルに合わせた住宅ローンが組みやすくなります。団体信用生命保険の正しい意味と使い方について触れていきましょう。

団体信用生命保険の意味とは

団体信用生命保険とは、住宅ローンの契約者にまさかの事態があり住宅ローンの支払いが困難になったときに、肩代わりをしてくれる保険サービスです。団体信用生命保険といってもベーシックなタイプと、脳卒中やガン・心筋梗塞など三大疾病が付いたオプション付きのタイプがあります。ベーシックなタイプを選ぶと、契約者が亡くなったとき・事故で障害が残り働けなくなったときに保障が適用されます。

団体信用生命保険の由来

1970年代に入り、低金利の住宅ローン商品が生まれるようになりました。貸金を主としていた銀行は、このくらいの時期を境に住宅ローンの取り扱いに比重を傾けるようになりました。団体信用生命保険が生まれたのは、個人向けの低金利ローンが生まれたのと同時期といわれています。

団体信用生命保険の文章・例文

例文1.マンションの購入にあたり、団体信用生命保険を加入した
例文2.残される妻や子どものためにも、団体信用生命保険の存在は重要だ
例文3.最近では七大疾病が付いたものなど、色々な団体信用生命保険が増えてきている
例文4.団体信用生命保険でカバーできない事例があることも、頭に入れておくべきだ
例文5.動産の営業マンであれば、団体信用生命保険の中身について熟知しておきたいものだ
団体信用生命保険の保険料は、利用する金融機関の種類によって異なるケースもあります。自分の立場を考えたうえで、どんな保障を手厚くすべきか考えることが重要です。

団体信用生命保険の類義語

団体信用生命保険は「だんしん」「団信」と短く短縮されて、呼ばれることもあります。住宅ローン信用保険といわれることもあります。

団体信用生命保険まとめ

人生で恐らく1番大きな買い物である、マンションやマイホームなどの住まい。これから家の購入を控えている方は、ローン契約者のまさかのアクシデントに備えて、団体信用生命保険の加入を検討しておくことが大切です。最近では配偶者の入院保障まで加えられた、手厚いタイプの団体信用生命保険も登場しています。どのパターンを取るのが正解とはいえないため、年齢や雇用状態・借入金額を考慮しながら、ベストな選択をおこなっていくことが求められます。

この記事を読んでいる人に人気の記事