因果を含めて相手を説得する

因果を含める(いんがをふくめる)

人を説得するということは案外難しいものです。相手に根拠や結果、原因など根拠となるものを提示しなければ納得してもらうことができないこともあるでしょう。相手の考えを変えるということはそれだけ大変なことです。ただ、自分の意見を伝えるだけでは相手側からしても納得する理由としては不十分だからです。説得することを表す言葉として因果を含めるというものがあります。因果を含めるは、具体的にどういった意味や使い方をするのでしょうか。見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

因果を含めるの意味とは

因果を含めるは、道理をよくよく言い聞かせて納得させるという意味を持ちます。相手を納得させるためにはしっかりとした道理が必要になります。そうしたロジカルな考えの裏付けがある説明があって初めて人は納得して物事を受け入れてくれるのです。

因果を含めるの由来

因果を含めるの「因果」は結果と原因を意味しており、「含める」は言い聞かせて納得させるという意味です。これらの言葉の組み合わせから成り立っています。

因果を含めるの文章・例文

例文1.因果を含めて、今日の旅行は中止にせざるを得ないと説得をした。
例文2.因果を含めて、進学したい大学について親を説得した。
例文3.このままの悪天候では体育祭は中止であるということを生徒に因果を含める。
例文4.彼は因果を含めて、人を納得させることが得意である。
例文5.今まで納得していない彼女だったが、因果を含めることで説得を試みた。
これらから因果を含めるという言葉は説得させるという意味であり、そういった状況を説明するには適したものであることがわかります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

因果を含めるの会話例

  • 質問者アイコン

    君は小さい頃、何か将来のやりたいことなどはあったかい?

  • 回答者アイコン

    いくつかあったけど現実的でないものは、因果を含めて、説得されたよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだね。僕はいま夢を実現するために勉強を進めているところだよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。それは頑張って夢を実現できるといいね。

因果を含めるという言葉は、日常会話でも使うことができると思います。意味を理解して使いこなせるといいですね。

因果を含めるの類義語

因果を含めるの類義語には、「言い置く」「泣き落とす」「苦言を呈す」「批判」などがあります。

因果を含めるまとめ

因果を含めるときには、物事を順序立てて説明することが大切でしょう。さらに統計的データなどがあれば相手も納得しやすいのではないのでしょうか。因果を含めるという言葉は意味を知っていて損はないと思います。また、類義語の意味も合わせて覚えておくことをおすすめします。色々な言葉の意味を覚えて少しでもボキャブラリーを増やせるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事