品行方正な人

品行方正(ひんこうほうせい)

皆さんの周りに、身なりがきちっとしている人はいませんか?そういった人たちは、内面もしっかりしていることが多く、そうした人たちを指して、「品行方正」と呼びます。この言葉に関して、解説をしていきます。

品行方正の意味とは

心や立ち振る舞い、行いなどが立派できちんとしていることを指して使う言葉になります。また、模範となるような行いを指しても使います。

品行方正の由来

この言葉の由来に明確なものはなく、中国春秋時代の管子という書物に記載されている、「身行方正」という言葉が由来になっているのではないかという説があります。

品行方正の文章・例文

例文1.あの人は日頃の私生活や仕事中の態度を見ていても、傍から見て品行方正な人だと言える
例文2.なんて品行方正な人なんだろう
例文3.品行方正な人間になれるように努力したい
例文4.あの人の品行方正さを見習いなさい
例文5.品行方正であるべきだ
模範となるべき人などを指して使います。一緒に会話例も見てみましょう。

品行方正の会話例

  • 質問者アイコン

    さっき話をしていた人は、とても礼儀正しく、内面の綺麗さが滲み出ているような人だった。

  • 回答者アイコン

    私はみてないんですけど、
    そんなにいい感じの方だったんですか?

  • 質問者アイコン

    ものすごく品行方正な人だったよ。

  • 回答者アイコン

    次は、ぜひ私も会ってみたいです。

例文、会話例通して言えることは、少なくとも自身に対して使う言葉ではないということです。そいった人を指して、目標や模範とすべき対象として使うとしっくりくると思います。

品行方正の類義語

この言葉の類義語として有名な言葉としては、「清廉潔白」という言葉があります。この言葉も同じように、心が綺麗な人に対して使う言葉になります。

品行方正まとめ

人として模範とすべき人や、目標にすべきような人に対して使う言葉になります。言葉の意味や使用タイミング等おさらいをして、使ってみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事