吝嗇

吝嗇は、何と読むのか分からない人も多いと思われる、難読熟語の1つです。「りんしょく」と発音し、漢字検定1級の問題として、その読みが出題されたこともあるほど難しい言葉です。

吝嗇の意味とは

吝嗇とは、極度に物や金銭を惜しむ様を表します。よって、”けち”な人を指して使ったり、そのような性格を表す言葉として使います。よい意味は全くありません。

この吝嗇と、いわゆる”節約”は、似ているところもありますが、節約の方は、無駄を省くという意味で、決して無理に物を惜しむことではありません。このような意味の節約に対し、必要だと思われる分まで惜しむほど、物や金銭を手放したくないと執拗に執着している様子が吝嗇です。
そのように吝嗇な人のことを、俗に「吝嗇家」と呼んでいます。この呼ばれ方をされるようになっては、さすがに少し考えた方がいいかも知れません。尚、吝嗇は、”吝”にりっしんぺんを付けて、「悋嗇」と書く場合もあります。読みも同じで、意味も全く一緒です。

吝嗇の由来

吝嗇という言葉の由来ですが、最初の”吝”にけちという意味があり、後の”嗇”の方も、物惜しみをすることを意味する言葉なので、これらからそのままきています。

つまり、この2文字はどちらも似たような意味の言葉で、それらをわざわざくっ付けることで、更にけちで物惜しみをする様子を表しているのです。
この「吝嗇」のように、似た意味を重ねて作られている2文字の熟語は意外と多く、「減少」(減る+少なくなる)、「獲得」(獲る+得る)、「連続」(連なる+続く)などがそれに当たります。どれも、各々の意味を更に誇張して表現している言葉で、吝嗇もそれに違わず、極度のけち、物惜しみという意味になります。

吝嗇の文章・例文

例文1.あれほど吝嗇な人は、これまでに見たことがない
例文2.吝嗇家もいいが、度が過ぎると誰にも相手にされなくなるよ
例文3.節約と吝嗇は全然違うことだと早く気付いて欲しい
例文4.彼はどうして、あれほど吝嗇な性格になってしまったのだろうか
例文5.吝嗇な人を見ると、とても嫌な気分になってしまう
決してよい意味では使わない言葉だけに、この吝嗇だと表現される人は、ほとんど場合で好かれているとは言い難いでしょう。

吝嗇の類義語

吝嗇の類義語として、「守銭奴」がよく意味が似ている言葉です。ですが、この守銭奴は、金銭(と同様の価値のある物品も含みます)に対して、異常に執着心が高いという意味です。けち、物惜しみとは、若干捉え方が違います。吝嗇と同じく、守銭奴という言葉も、よい意味は全く含みません。

吝嗇まとめ

人から吝嗇だと呼ばれるほど、恥ずかしいことはないかも知れません。節約や倹約と意味が似てはいますが、”似て非なるもの”だからです。
物や金銭を大切にすることは、もちろん悪いことではありませんが、度を過ぎてしまうと、決してよくは思われません。

この記事を読んでいる人に人気の記事