台湾カステラ(たいわんかすてら)

「台湾カステラ」とは「フワフワ食感が特徴の女子高生達に大バズリのカステラ風ケーキ」です。甘いスイーツはどんな物でもある程度は人気となりますが、そこからブームやトレンドとなるには強烈な個性が必要となります。その点で台湾や韓国という後ろ盾に食感という特徴がある「台湾カステラ」はトレンドになるべくしてなった王道感が漂うスイーツなのです。

[adstext]
[ads]

台湾カステラの意味とは

「台湾カステラ」の意味は以下の通りとなります。
(1)近年の台湾ブームの本命とされるフワフワ食感がクセになる大人気カステラ風ケーキ。
(2)シフォンケーキに似たフワフワでプルプルな食感がZ世代にも大バズリし、今では専門店やコンビニでも人気となっているカステラ風シフォンケーキ。
”台湾”は「中国の東に位置する島国」、”カステラ”は「卵や小麦粉で作った洋菓子」で、日本のカステラにも良く似た台湾や韓国で大人気のカステラが「台湾カステラ」です。独特のフワフワやプルプルな食感が若いZ世代を中心に大バズリし、現在は都心などに専門店がオープンしコンビニには類似商品が並び、YouTubeやTikTokでは紹介や作り方動画が大人気となっています。一見するとサイズ的には日本カステラよりも大きいですが甘さは控えめで、また食感が個性的なので甘い物が苦手でも思わず食べられてしまいます。それぐらいあらゆる世代から人気を獲得できる特徴を持つ最新スイーツですが、やはり一番支持しているのは女子高生達で、「2022年春!高校生最新トレンドランキング」の「今流行っている食べ物は?」で7位に選ばれています。”台湾”と付く事からも当然ながら誕生したのは台湾ですが、火付け役となったのは昨今の韓国ブームが関係をしています。2016年頃に韓国で大人気となり、その後影響を受けた韓国好きのZ世代が日本でも注目をし始めたので徐々に広がり、2022年現在でも定番トレンドとして人気を維持しています。

台湾カステラの由来

「台湾カステラ」は台湾北部の港町「ダンシュイ」の名物菓子で、現地では正式名称「グゥザオウェイダンガオ」(「昔ながらのケーキ」という意味)として販売されています。そもそも「台湾カステラ」という名称は韓国が自国で分かりやすくする為に名付けたもので、それが日本でもそのまま使われています。

台湾カステラの文章・例文

例文1.台湾好きなので旅行に行くと必ず台湾料理を満喫していたが、そんな私が悔しい事に台湾カステラの存在を全く知らず、この前東京の店で初めて食べたが美味しくて感激した。
例文2.週末台湾カステラを腹いっぱい食べていたら、体重が増えてしまった。
例文3.お気に入りの台湾カステラをお土産で職場に持っていったら、みんなから大歓迎をされて鼻高々な気分となった。
例文4.今日も全国各地のZ世代が台湾カステラの画像をSNSにアップして喜んでいる。
例文5.中国が台湾進攻をしたら台湾カステラの存在も消えて中国カステラが誕生する恐れもあるので、何としても平和的な解決策を模索すべきだ。
様々な「台湾カステラ」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

台湾カステラの会話例

  • 質問者アイコン

    ところで、昨日の台湾カステラってまだ残っている?

  • 回答者アイコン

    ごめん。全部食べちゃった。

  • 質問者アイコン

    あれだけ有ったのに、全部一人で食べたの? まるで大食い女王じゃん!

  • 回答者アイコン

    それって夫婦と言えどもハラスメントじゃないの? 無神経に人を傷付けるあなたの神経が理解できないわ。

残っていた「台湾カステラ」を妻が独り占めした事で、夫婦間がギクシャクするという内容です。

台湾カステラの類義語

「台湾カステラ」の類義語には、同様にZ世代の人気スイーツとして「オーダーケーキ」「マリトッツォ」「トゥンカロン」「クロッフル」などの言葉が挙げられます。

台湾カステラまとめ

「台湾カステラ」はZ世代の女子高生に大人気のシフォンケーキのようなカステラです。台湾人気や韓国ブームの影響から日本でもトレンドとなって、フワフワでプルプルした食感は病み付きで今では台湾を象徴するスイーツとして大バズリをしています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事