口裏を合わせる為に事前に話し合いをする

口裏を合わせる(くちうらをあわせる)

口裏を合わせるとは利害関係者が事前に話をして、ストーリーを作り上げて話の内容に齟齬が生じない様に根回しをしておく事を意味します。時には、知らない方がいいこともあるというように相手のことを思って秘密にしていることもあるでしょう。そんな状況を表す言葉として口裏を合わせるというものがあります。今回は、そんな口裏を合わせるについて使い方を説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

口裏を合わせるの意味とは

口裏を合わせるは、予め相談して話の内容が食い違ないようにするという意味の言葉です。
また一般生活でも頻度はかなり高い言葉ですから、一般教養の一つとして必ず覚えておくべき言葉と言えるでしょう。

口裏を合わせるの由来

口裏を合わせるの「口裏」とは相手の口ぶりから本心を察するという意味があり、その考えに合わせるということからこの言葉が成り立っています。

口裏を合わせるの文章・例文

例文1.この場を収めるには口裏を合わせて上手く取り繕うしかほかない。
例文2.彼らの挙動不審からこの事件について何かを知っているのに、口裏を合わせていることは明白である。
例文3.容疑者に取り調べを行ったが皆、口裏を合わせているかの如く同じことを口にしていた。
例文4.知らない方がいいこともあるというように彼にはその事実はあまりにも残酷なので口裏を合わせて秘密にしておく。
例文5.口裏を合わせて秘密にしていたことがばれて相手に怒られる。
これらから口裏を合わせるという複数人で話を合わせるさま表す際に使われることがほとんどです。日常会話でも使えると思うので是非覚えておいてください。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

口裏を合わせるの会話例

  • 質問者アイコン

    彼なんか私に隠し事をしているみたいで最近よそよそしいんだけど何かあったのかな

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。いつも君たちは仲がいいから意外だよ。

  • 質問者アイコン

    うん。いつも彼を含めた三人で遊ぶことが多いんだけれどもう一人もどこかよそよそしくて口裏を合わせてるように感じるんだよ。

  • 回答者アイコン

    もしかしたら何か話せないことがあるんじゃない?話してもらえるまで気長に待ってみるといいんじゃないかな。

どうしても秘密にしていて相手を喜ばせたり、驚かせたりしたいこともあると思います。そんなときに口裏を合わせるという言葉を使うこともあるかもしれません。

口裏を合わせるの類義語

口裏を合わせるの類義語には、「口を揃える」「意志を通じ合う」「息を合わせる」「腹を合わせる」「示し合わせる」などがあります。

口裏を合わせるまとめ

口裏を合わせるという表現以外にも類義語にあるように口を揃えるや腹を合わせるなどといった言葉に言い換えることもできます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事