卵が先か鶏が先か(たまごがさきかにわとりがさきか)

卵が先か鶏が先かとは、因果関係ある事柄においてどちらが最初に行われたのかを問うということです。私たちが普段よく口にする卵ですが、では一体、鶏が最初にして卵を生んだのか、それとも卵があって鶏が生まれたのかわかっていないと言われています。そんな時に、卵が先か鶏が先かという言葉が使われます。今回は、そんな卵が先か鶏が先かについて解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

卵が先か鶏が先かの意味とは

卵が先か鶏が先かの意味は、因果関係ある事柄においてどちらが最初に行われたのかを問うということです。どちら最初かわからない時に使われます。主に例えとして用いられるので覚えておくと使うときに役に立つと思います。

卵が先か鶏が先かの由来

卵が先か鶏が先かの由来は、鶏から卵が生まれたのが先か、それとも卵から鶏が生まれたのが先かという因果関係にあるとされています。そのため、卵が先か鶏が先かはどちらが最初にあったとしても物事が成り立つようなことに対して例えとして使われることがあります。

卵が先か鶏が先かの文章・例文

例文1.この問題に関してはどちらが最初に起こったとしても辻褄が合うため、卵が先か鶏が先かわからない。
例文2.この2つの事柄について卵が先か鶏が先か考えてみよう。
例文3.実際に人間は、今存在し始めたのかそれともはるか昔から存在していたのかどちらとも考えることができる。まさに卵が先か鶏が先かとはこのことである。
例文4.卵が先か鶏が先かわからないとはいい訳である。なぜなら君が最初に危害を加えた証拠が防犯カメラにあるからだ。
例文5.卵が先か鶏が先かわからないことを考えても一向に話が進まないのでやめよう。
これらから卵が先か鶏が先かという言葉は、どちらが最初なのかわからない様子を表すのには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

卵が先か鶏が先かの会話例

  • 質問者アイコン

    この問題のパラドックスに関しては未だ解明できていないんだ。

  • 回答者アイコン

    そうなんだね。確かにどちらが最初に起きたと考えても矛盾は生じないものね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。まさに卵が先か鶏が先かといった感じだよ。

  • 回答者アイコン

    そうだね。この問題については今後も様々な仮説を立てて考えていく必要があると思うよ。

これは、卵が先か鶏が先かわからない問題について話している様子です。

卵が先か鶏が先かの類義語

卵が先か鶏が先かの類義語には、「いたちごっこ」「平行線をたどる」「堂々巡り」などがあります。

卵が先か鶏が先かまとめ

物事にはそれぞれ可能性というものがあり、明確な事実や結果で否定することができなければ、可能性があると考えることができます。今日でもわからないことや知られていないことなどはたくさんあります。どちらが最初に起こったのかわからないこともあると思います。そんなときには、この卵が先か鶏が先かという言葉を使ってみるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事