卓越した経営手腕を持つ起業家

卓越(たくえつ)

一人一人才能の持っているものは違うと思いますが、その才能を伸ばしていくことは個性を伸ばしていることと言えますよね。そんな才能や個性ととても関係のある言葉が「卓越」という言葉です。それではどう言った意味なのか見ていきましょう。

[adstext]
[ads]

卓越の意味とは

卓越とは、他よりも明らかに優れていることです。よく使われる言葉としては卓越した技術や、卓越した才能の持ち主、などと使われることが多く、優れていることを表現する上ではかなりくらいが高い言葉と言えます。もしも友達や同僚や家族にこの言葉を使ってもらえたならば、非常に光栄な事ですね。そこの分野にきっと才能があるという事です。卓越した思考能力や、卓越した運動能力を持った人はきっと人生においての成功を掴むことが出来るでしょう。

卓越の由来

卓越の由来は、優れているという意味を持つ漢字の「卓」に、優れて抜きん出ているという意味を持つ「越」で同じ意味を繰り返し使うことで強調して優れていることを表してこの言葉ができました。

卓越の文章・例文

例文1.卓越した運動能力の裏には彼の血の滲むような努力があった。
例文2.卓越した思考能力を駆使すれば難しい技術も簡単に会得してしまうだろう。
例文3.卓越した才能は人間何かしら持っているはずだ。
例文4.卓越してサッカーがうまかったことでサッカー選手になることができた。
例文5.卓越した音楽の才能がこのような素晴らしい音楽を生んだ。
とても素晴らしいこととして使われていることが分かりますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

卓越の会話例

  • 質問者アイコン

    今度息子がサッカーの試合に出るので、来週の日曜日応援に行くんだよ。

  • 回答者アイコン

    それはいいね、息子さんもうれしがるだろうね。

  • 質問者アイコン

    うちの息子は卓越したサッカーの才能があるからね、僕の方が見にいけて嬉しいよ。

  • 回答者アイコン

    そんなにうまいんですね。将来が楽しみですね。

息子のサッカーの技術が卓越していると発言するとは、中々の親バカではありますが、卓越した何かを持っていたのならとても嬉しいことですね。

卓越の類義語

卓越の類義語には「卓抜」「卓出」「卓絶」などがあります。

卓越まとめ

このようにとてもいい言葉で卓越した何かを持っているということは誰もが羨むようなことなのです。しかし本当に卓越した能力を手に入れたいのであればそれは相当な努力と時間をかけなければならないことを忘れてはいけません。それが卓越した能力を手に入れるための条件ですよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事