若くして卒婚を決める二人

卒婚(そつこん)

近年、恋人や夫婦の在り方は多様化しています。その中の1つである「卒婚」という言葉をご存知でしょうか?徐々に理解が広まりつつあり、メディアなどでも多数取り上げられているようです。今回は「卒婚」について詳しくご紹介します。

[adstext]
[ads]

卒婚の意味とは

「卒婚」とは、夫婦関係における新しい形態の一種で、婚姻関係にある夫婦がお互いに干渉せずに各々の人生を楽しみ歩んでいく生活形態を意味する言葉です。

卒婚の由来

「卒婚」という形態は2004年に杉山由美子氏が出版した「卒婚のススメ」という著書で初めて使用された造語です。
卒婚は、婚姻関係は破棄しないため離婚ではありません。また、愛がないまま表面だけ夫婦関係を維持する仮面夫婦とも違った概念だと考えられています。
この「卒婚」という選択は、夫婦生活を長い間共にしているいわば熟年夫婦に多いとされています。
かすがいとも言える子供が就職などで1人暮らしを始めたりすることで熟年離婚をする夫婦が問題になっていることに対して、卒婚は、離婚はしないものの夫婦関係を前向きに見直して各々の生活を楽しむという選択が2000年以降広まっています。

卒婚の文章・例文

例文1.両親が卒婚をすることになった。
例文2.芸能人が卒婚を公表した。
例文3.近年、卒婚についての理解が広まっている。
例文4.卒婚は離婚・仮面夫婦とは異なる新たな選択肢だ。
例文5.卒婚は離婚はせずに婚姻関係を維持するため、前向きな選択肢だと言える。
それぞれが納得のいく夫婦の在り方を見つけられるといいですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

卒婚の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は数年ぶりに家族全員がそろう日なんだ。両親もお互いに会ってなかったしね。

  • 回答者アイコン

    あれ?離婚してるんだっけ?

  • 質問者アイコン

    いや、離婚の予定はないけど別居していてそれぞれ老後の人生を楽しんでいるよ。

  • 回答者アイコン

    へえ、卒婚ってやつだね。

2000年以降、様々な夫婦の在り方が増えています。

卒婚の類義語

「卒婚」と関連する言葉には「仮面夫婦」「偽装結婚」「契約結婚」などがあります。

卒婚まとめ

今回は「卒婚」について詳しくご紹介しました。
卒婚にも様々なケースがあり、同居はしているが家事や家計は別々でお互いが自由に暮らすものもあれば、たまに連絡を取りながら別居をするというものもあるようです。
夫婦生活を生涯全うすることは夢のある話ですが、平均寿命が延びたことやテクノロジーの発達などにより個人に様々な可能性が増えてきたことにより、人生をより謳歌したいという気持ちが大きくなったことも「卒婚」という選択肢の背景にあるのかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事