卍が連発される若者言葉

卍(まんじ)

皆さんは、最近若者がまんじという言葉を使っているのをご存知でしょうか。Twitterやプリクラにまじ卍や卍と書いているのをよく見かけますね。しかし、よく意味を知らない人もいると思います。卍とは、多くの場面で使われているため、どのような意味があるのか推測するのは難しいでしょう。常識的に考えれば、連想されるものは地図記号でよく目にする寺院を象徴するマークですよね。
しかし、最近使われている卍の多くは地図記号の意味としてではほとんど使われていないのです。では一体、卍にはどのような意味があるのでしょうか。卍の使い方を覚えて明日から是非まじ卍と言ってみましょう。

卍の意味とは

卍は、特にこれといった意味はない記号のようなものです。文頭や文末につけたりすることが多いです。若者言葉特有のニュアンスが先行しているイメージで理解をすると分かりやすいかもしれません。

卍の由来

卍の由来は、正確には分かっていませんが、もともとは不良少年たちが使っていたという説があります。語尾などに卍をつけることによっていい感じやかっこいい感じを表す記号として用いられていました。

卍の文章・例文

例文1.スタバでリモートワークしていると隣に座っていた女子高校生たちが「この新商品おいしいね、まじ卍」と言っていたので新商品を今度買って見ようと思った
例文2.高校生が地元に修学旅行に来ていたときの写真を撮る掛け声が「はい! 卍~」だったのでびっくりしてしまった
例文3.体育祭当日に雨が降っていたのでTwitterを開いてみると「なんで雨降ってるの卍」とツイートされていた
例文4.知人は酔いがまわるとよく道行く知らない人にこれをかける卍な行いをするのでいつもやめて欲しいと思っている
例文5.彼は、勝負に勝つといつもまじ卍と言うのが口癖である
卍という言葉は、特に意味を持っていないので、色々な場面で使われるのです。特に若い人が流行を作って行く中でどこからか使われる様になってきたニューウェーブの言葉であると言えるかもしれません。

卍の関連語

卍の関連語としては「エモい」「やばたにえん」などがあげられます。

卍まとめ

最近の言葉は広い意味で使われる言葉が多くなってきました。なので特定の意味を持つわけではなく、使う状況に応じて意味が変わる言葉も少なくありません。卍もその一つであり、言葉かすら怪しい記号です。ですが、その幅広い意味で使えることや、響きのよさからよく使われます。流行語というものは、よい意味をもっているというよりは、幅広い意味で使えるからこそ流行してゆくのです。そのことを理解しておけば、きっと最近使われるようになった言葉の多くはなんとなくニュアンスを掴めるに違いありません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事