日本の舞台

千秋楽(せんしゅうらく)

大相撲や舞台でよく耳にする「千秋楽」。しかし、実際にこの言葉の意味を知る人は多くはないのではないでしょうか。知って損はない、今回はそんな「千秋楽」について徹底的に解説していきます。

千秋楽の意味とは

まず千秋楽とは「せんしゅうらく」と読み、複数日にわたって同じ演目を行う興行において、その最終日の公演を意味します。公演の業界用語として使われ、縮めて「楽日(らくび)」や「楽(らく)」と言われたりもします。ちなみに、千秋楽の前日を「前楽」と言い、複数地で行われる千秋楽のうち、最後の公演地で行われる千秋楽を「大千秋楽」と言い、略して「大楽」とも言います。また、千秋楽は暗黙の了解でアドリブを利かせ、今までの演出とは異なった演出をすることがあり、それを楽しみにする人もいるようです。

千秋楽の由来

「千秋楽」の由来は諸説ありますが、一般的に(1)雅楽を演奏する際、1日の最後の曲には必ず「千秋楽」を演奏したとされたから、(2)謡曲「高砂」のキリの最後の句である「千秋楽は民を撫で」以下が謡われることが多かったため、の2つが有力です。

千秋楽の文章・例文

例文1.この公演の千秋楽のチケットは必ず取りたい。
例文2.千秋楽だけはなんとしても見たい。
例文3.千秋楽には多少のアドリブが許されるというものだ。
例文4.千秋楽が一番人気なのだからチケットは当然完売だろう。
例文5.相撲にも千秋楽はある。
「千秋楽」を用いた例文です。

千秋楽の会話例

  • 質問者アイコン

    今回のミュージカル、なんとしても千秋楽が見たいんだよな〜

  • 回答者アイコン

    千秋楽はいつも違った出演をすることもあるよね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ!だから絶対にチケットを取りたいんだけど…

  • 回答者アイコン

    チケット争奪戦が始まるわね。

「千秋楽」を用いた大人気ミュージカルに関する会話です。

千秋楽の類義語

「千秋楽」の類義語には、「楽日」、「楽」などが挙げられます。

千秋楽まとめ

「千秋楽」は舞台用語の一つで、複数日に渡って演目を行なう興行の、最終日の公演のことでした。千秋楽では暗黙の了解でアドリブを利かせ、今までの演出とは異なった演出をすることがあり、それを楽しみにする人もいるようです。そのため、千秋楽の公演はとても人気なようです。また、「千秋楽」は興行の出演者や裏方などの関係者にとっても重要ですが、観客にとっても大事な日の意味があるようです。千秋楽ならではのファンサービスが行われたり、普段では見る事の出来ない演技や演出もあります。普段よりも気合が入り、熱演も見れたりするので楽しめること間違いなしです。「千秋楽」の意味を深くご理解頂けたら、一度実際に出向いて千秋楽を堪能してみても良いと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事