副産物を利用して利益を上げる

副産物(ふくさんぶつ)

副産物とはある製品を製造する過程でそれに付随して得られる産物を表します。副産物という言葉はよく聞きますが、実際に何が何の副産物として取れるのかはイマイチ想像がつかないという人が多いかと思います。そこで今回は、副産物という言葉について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

副産物の意味とは

副産物の意味は、ある製品を製造する過程でそれに付随して得られる産物です。基本的には需要の大きほうが主産物で小さい方が副産物となります。しかし最近では材料を無駄にしないという考えが広がり、時として主産物と副産物が入れ変わるようなこともあります。例えばサンドイッチを作る過程で出た食パンの耳は、これまでは無料で配ったり、格安で販売していました。それを油で揚げて甘い砂糖をまぶしてラスクのようにしたら、メインのサンドイッチよりも売れるよになってしまった。というようなことです。その他にも副産物は物にだけではなく、出来事にも使われることがあります。その例としては、戦争の副産物として「特需」が生まれるというようなことです。

副産物の由来

副産物という言葉は、メイン(主)ではなくサブ(副)の産物というところから生まれました。

副産物の文章・例文

例文1.そのイカ漁船は副産物として多くのタコが穫れる。
例文2.副産物も利用して利益を上げる。
例文3.戦争の副産物によってその国は戦争特需で大儲けした。
例文4.その自治体は工場で出る副産物をより上手く利用しようと思索している。
例文5.副産物が主産物よりも人気になってしまい、少し困惑している。
主産物だけでなく副産物も上手く利用出来れば利益を大きく飛躍させることが出来ますね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

副産物の会話例

  • 質問者アイコン

    副産物をもっと上手く利用する方法を考えよう。

  • 回答者アイコン

    そうだね、食材は無駄にしたくないしね。

  • 質問者アイコン

    うん、パンの耳をラスクみたいにして売ってみるのはどうかな。

  • 回答者アイコン

    それ良さそう!ちょっとしたおやつにもなるしね!

副産物の利用法を考える男女の会話です。

副産物の類義語

副産物の類義語には「スピンオフ」「派生現象」などがあります。

副産物まとめ

副産物とはある製品を製造する過程でそれに付随して得られる産物のことを言います。近年環境への配慮や食材を無駄にしない考えが広く広がり、副産物の利用も活発になってきました。アイデア次第で主産物よりも大きな力を持つようにもなりますので、副産物だからといって甘く見ることは出来ませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事