剣璽等承継の儀とは天皇が次の天皇へと変わる節目のタイミングで行われる皇位継承の儀式の事

剣璽等承継の儀(けんじとうしょうけいのぎ)

2019年5月1日遂に31年に渡った「平成」に幕が下ろされます。次の年号はすでに皆さんがご存知の通り「令和」となっています。そして、その時代の変わり目において最重要人物となっているのが天皇陛下です。まさに日本を象徴する存在として、多岐に渡る面で活躍をされていますが、そんな天皇が変わる際に行われる儀式に「剣璽等承継の儀」というものがあります。時代の変わり目に生きている者として、これがどんな意味を持った言葉なのかという事は理解をしておきたいですね。今回はそんな「剣璽等承継の儀」について詳しく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

剣璽等承継の儀の意味とは

難しい字ばかりが先行をしていますが、ようは一言で言えば天皇が次の天皇へと変わる節目のタイミングで行われる皇位継承の儀式の事です。天皇が譲位・崩御された後に、皇位継承の証として剣と璽を受け継ぐことになります。これまで歴代の天皇陛下たちが辿ってきた道です。

剣璽等承継の儀の由来

神体である剣および璽を受け継ぐ事は新帝の下に自ら動くという建前で「渡御」という表現で言い表されます。皇室典範に記されている天皇が行う業務の中でも非常に重要なまた、その天皇が生涯で一度しか経験をする事のない儀式になりますからとてつもない緊張感の下、儀式が執り行われます。ちなみにこの儀式の中では剣と璽が神体として動く事になりますが、三種の神器のもう1つである鏡については動きません。ちなみにこの儀式時代は桓武天皇の時代に定められたもので、とてつもない歴史を誇る由緒正しき儀式となっています。

剣璽等承継の儀の文章・例文

例文1.今では剣璽等承継の儀をテレビ中継で見る事も出来る
例文2.剣璽等承継の儀に参加をする方の緊張感はいかなるものか計り知れない
例文3.時代の節目は天皇の皇位継承によって行われるが、その代表的な儀式が剣璽等承継の儀です
例文4.剣璽等承継の儀を通して三種の神器のうち2つが動く事になる
例文5.剣璽等承継の儀は天皇の国事行為の中でも重要度の高い、これまでの長い歴史の中でも行われてきた行為です。
天皇にとっては一生に一度の行為となるわけですから緊張感は計り知れないものがあるでしょうが、これによって時代の節目に区切りをつける事が出来ます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

剣璽等承継の儀の会話例

  • 質問者アイコン

    剣璽等承継の儀って知ってる?

  • 回答者アイコン

    新しい天皇が皇位を継承するための儀式の事?

  • 質問者アイコン

    そうそう。天皇が譲位・崩御のどちらかのタイミングで行う儀式の事で天皇にとっても自分たちにとっても貴重な行為なんだよね。

  • 回答者アイコン

    時代の変わり目に立ち会えてよかったね。

普段の会話の中では先ず出てくる事はないでしょう。来る2019年5月1日に新しく元号が変わりますが、そもそもこういった動きにならなければ会話の中には上がらない言葉です。また、専門的な要素も強いため、テレビや新聞で見て気になって人に聞いたり自分で調べるという方法がベストです。

剣璽等承継の儀の類義語

同じようなものに「即位の礼」というものがあります。これは新天皇の事を国民および外国に公にする行為です。今回紹介した「剣璽等承継の儀」に関しては天皇の崩御の直後に行われる事になります。また関連用語として「即位礼正殿の儀」や「剣璽」も挙げられるでしょう。

剣璽等承継の儀まとめ

いかがでしたでしょうか。剣璽等承継の儀についてこれまで理解が無かった方でも記事を読んでいただく事で大分理解は進んだのではないかと思います。いよいよ元号も変わりますので、その場に立ち会えることに感謝をしたいものです。果たして今後、「令和」はどんな時代になっていくのでしょうか。非常に楽しみですね。

「剣璽等承継の儀について」
上記、首相官邸ホームページにて詳しく見ることができます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事