前川レポートは日本経済の基盤となった

前川レポート(まえかわれぽーと)

前川レポートは1986年に当時の中曽根内閣の私的諮問機関であるチームが「経済政策に対する意見書」を首相に提出しましたが、その諮問機関の座長を務めていたのが、元日銀総裁である前川春雄氏にちなんで「前川レポート」となりました。金融業界に勤めている方、政治・経済のジャンルに詳しくなりたい方は日本の経済やその歴史まで正しく把握しておく必要があり、当時の日本と世界の力関係も学ぶ上で重要です。1980年に作成された前川レポートは、誰がどのような目的でまとめた意見書なのでしょうか。分厚い歴史の巻物を、紐解いていきましょう。

[adstext]
[ads]

前川レポートの意味とは

前川レポートは短くまとめた言葉で、正式には「経済構造調整研究会報告書」というネーミングが付いています。当時政界のトップであった中曽根首相のチームが1986年の春に発表した国内外の「経済政策に対する意見書」です。
前川レポートが出された背景には、当時日本の大幅な貿易黒字に難色を示していたアメリカや欧米諸外国に配慮して出された…という見方もあります。特に当時のレーガン大統領は日本に対して強く市場の開放を求めてきており、それに対する日本の立場や経済展望を記載して、経済・外交の両面のアドバイスをする資料なのです。

前川レポートの由来

前川レポートと名付けられたのは、この指南書のまとめ親が過去の日本銀行総裁を担っていた前川氏に由来しているものです。漢字が続く正式名所は言いづらく覚えにくいため、当時のマスメディアを中心に取り扱いがはじまり、その後一般市民にまで広がるようになりました。現在は多くの政治家も認識しているくらい、ポピュラーな名前となっています。

前川レポートの文章・例文

例文1.前川レポートの背景には、米国との関係性が疑われています
例文2.昭和の政治学を学びたいのなら、前川レポートについて目を通しておいてください
例文3.前川レポートが株式市場に与えた影響は、相当なものでした
例文4.前川レポート発表のあと、あらたな金融緩和策が追加されました
例文5.歴史に名を残すほど、前川レポートの業績は大きいものです
日本経済の礎といわれているのが、中曽根内閣時に発表された前川リポートです。

前川レポートの類義語

前川レポートの類義語には「新・前川レポート」という経済用語があります。第一弾の前川レポートが公開された翌年に発表された報告書で、新・前川レポートは旧・前川レポートをバージョンアップさせた内容になっています。
その内容としては「これまで続いてきた日本の貿易体制を、大きく見直すこと」「外需経済から内需経済に方向転換すること」などが述べられています。数年先の日本経済を見据えた、具体性のある報告書が作成されています。

前川レポートまとめ

日本のこれからの政治・経済を考えていく上で、ぜひ理解しておきたいのが1980年代に公開された前川レポートの存在です。中国やロシア・アメリカや北朝鮮など、いくつかの国の思惑が交錯するなか、日本はどのようなかじ取りをしていくべきか、その存在意義が問われています。
前川リポートには日本第一の貿易黒字を根底から見直して、世界とともに大きく発展していく内容が明記されています。国内の景気を促し、ともに世界経済の発展にも寄与する…のが前川リポートの基本の考え方です。これからの時代を読み解くヒントが、前川リポートに眠っているといっても過言ではありません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事