切り込み隊長が切り込む様子

切り込み隊長(きりこみたいちょう)

この切り込み隊長という言葉が入った肩書きを持つ人物として、山本一郎という方がいらっしゃいます。彼は「切込隊長@山本一郎」というハンドルネームで活動していた経歴があり、彼は2ちゃんねるという社会的に大きな影響を与えた電子掲示板の共同設立者に該当する人物です。今回はそんな今はあまり場面自体が思い当たらないであろう「切り込み隊長」という言葉について、掘り下げたいと思います。

切り込み隊長の意味

切り込み隊長とは、誰よりも一番乗りで敵の陣地へ攻め入る、突撃する部隊のリーダー。またその意味が転じることによって、誰よりも先にそれを行う人。野球の一番打者や新規事業を開拓する、パイオニアを表す言葉としても用いることができるものとなっております。

切り込み隊長の由来

この切り込み隊長という言葉自体がいつから使われた言葉なのか、明確な語源は不明ですが、この言葉に含まれる「切り込み」という言葉が使われている「切り込み隊」という言葉は1948年。大岡昇平という人物が作成した「俘虜記」というものの中にて「百五十名から成る斬込隊(きりこみたい)の派遣を告げて来た」という文脈の中に組み込まれて使われていることから、1948年より以前から用いられている言葉であることが考えられます。

切り込み隊長の文章・例文

例文1.切り込み隊長が突撃する。
例文2.どんなものに対しても勇敢に飛び込んでいく、彼はまさに切り込み隊長だ。
例文3.一騎当千。何年も切り込み隊長を務めた人の強さはやはり格が違う。
例文4.元は臆病者だった彼だが、あることがきっかけで今では切り込み隊長のような勢いある人物になっている。
例文5.ヒカキンはYouTube界の切り込み隊長とも言えるだろう。

切り込み隊長という言葉は勢いがある人物が周りにいる方にとっては、そこまで使わない言葉という訳でもないかもしれませんね。

切り込み隊長の会話例

  • 質問者アイコン

    佐藤さんプロジェクトのリーダー抜擢おめでとうございます!

  • 回答者アイコン

    ありがとうございます!切り込み隊長となってガンガンやっていきますよー!

  • 質問者アイコン

    リーダーだからこそ、無理はし過ぎないでくださいね!

  • 回答者アイコン

    はい、任せてください!

切り込み隊長のようなリーダーがいれば、周りはそれに影響されるものですよね。

切り込み隊長の類義語

切り込み隊長の類義語としては、「急先鋒(きゅうせんぽう)」や「突撃(とつげき)」といった言葉が挙げられます。

切り込み隊長まとめ

切り込み隊長という言葉には前人未到のことを成すというような意味を持たせることもできるものであるため、普段からこの言葉を意識して何事も勢いよくやろうとすることは心がけとしても悪くないものかもしれません。
特に最近はインターネットがテレビのような影響力を持つメディアとなってきた分、他にやっている人がいないアイデアを抱えている人はぜひ、切り込み隊長となってそのアイデアを発信してみると人生が大きく変わるかもしれません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事