出処進退を明らかにする

出処進退(しゅっしょしんたい)

「出処進退」は、政府や役人などに対して使われる言葉です。一般人にとっては馴染が薄いですし、どちらかと言うと良くない印象を抱く事が多い言葉でもあります。なぜ、一般人にとってはそんな印象を抱くのか、出処進退の意味や由来などを解説していきます。

出処進退の意味とは

政府の役人や政治家などがその官職に留まっている事、反対に辞めてしまう両方の意味が、「出処進退」にはあります。ある政治家が問題を起こすと、インタビューに応じた身内の議員などが、「政治家の出処進退は自ら決める」と発言するので、何度も耳にしたお決まりのフレーズでもあります。最近は、留まる事よりも、辞める際やそれを促す際に使われる事が多く、役人だけでなく、相撲取りや横綱などにも使われています。また、「進退出処」(しゅっしょしんたい)と使われても、大筋の意味は同じで問題ありません。

出処進退の由来

古来中国の名文を集めた「古文真宝」の注釈書「古文真宝笑雲抄」には、「其徒を見て、以正が為レ人と出所進退の名人なる事を知たぞ」という一文があり、由来になったとされています。また、”出”は世に出て仕える、”処”には公の仕事を辞めるという意味合いがあります。”進退”は、職を辞める事と続ける事の両方の意味となります。

出処進退の文章・例文

例文1.政治家がお決まりの出処進退を口にした
例文2.最近は地方議員も問題が多く、出処進退の真偽が問われている
例文3.本来は税金を納める側が、役人の出処進退を真剣に考えるべきだ
例文4.暴行問題を起こした関取が、出処進退を近日中に発表する
例文5.ファンとしては現役続行を希望するが、出処進退を決めるのはアスリート本人だ
続けるべきか退くべきか悩んでいる際に、「出処進退」が使われる事が多いですが、現実的にはこの言葉を使った時点で、辞めるのが望ましいのが世間の周知の事実です。何の問題もなければ、そもそも「出処進退」という言葉が使われる事はありません。

出処進退の類義語

出処進退の類義語には、「去就進退」「引責辞任」などの言葉が挙げられます。

出処進退まとめ

本来は役人や政治家が使うべき言葉なのでしょうが、時代の移り変わりでスポーツ選手や大学理事長など、公の立場の人や半公人と呼べるべき人でも、社会的責任の観点から問題が発生した際には、その取り方に対して「出処進退」が使われます。辞めるのが、「出処進退」に求められる決断なのですが、その立場が強力なほど、留まりたいと思うものなのです。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事