凡ミスをしてしまった

凡ミス(ぼんみす)

人である以上、誰しも必ず失敗談というのはあることでしょう。世の中に失敗しない人間というのはいないはずです。ただし、重要なのは、その失敗から何を学んだかではないでしょうか。たとえそれが小さなミスだとしても次は同じことが起こらないように注意することが重要です。そこで「凡ミス」という言葉について解説をしていきたいと思います。

凡ミスの意味

凡ミスというのは、「軽率なミス」「単純なミス」「取るに足らないミス」「不注意によるミス」といったような状況下で使われるような言葉になります。ただし、結果論としてどのくらいの被害に繋がるかは別の話になります。つまり、「凡ミス」≠「軽い被害」というわけではありません。原因が凡ミスであったとしても重大事故につながるようなことも十分に考えられます。
とどのつまり、凡ミスというのは正規の作業手順や確認を的確に行っていれば発生する確率は低くできるもので、作業手順の個人的な簡略化等の要因によって発生する確率が高くなります。

凡ミスの由来

凡ミス自体の語源は正確なものはありません。推察するに、普通やありふれたを意味する「平凡」という言葉と「ミス=失敗」を繋げて略し、「凡ミス」と呼ばれるようになったのではないかと思われます。

凡ミスの文章・例文

例文1.仕事でうっかり凡ミスをしてしまった
例文2.凡ミスが内容に注意をしよう
例文3.この作業手順で行えば、凡ミスはかなり防げるはずだ
例文4.今回の事故のきっかけは、取るに足らない凡ミスから始まっている
例文5.毎回同じ凡ミスを繰り返している
凡ミスという言葉自体はよく使われている言葉ですが、意味を正しく理解してみると意外に違った状況で使っているかもしれませんね。

凡ミスの会話例

  • 質問者アイコン

    自分の凡ミスで迷惑をかけてしまってすみませんでした。

  • 回答者アイコン

    起こってしまったものはしょうがないから、
    次は同じ失敗しないように気をつけてね。

  • 質問者アイコン

    はい。それと、今回の凡ミスを考慮して作業の内容も検討し直したいと思います。

  • 回答者アイコン

    そうだね。じゃあそれを資料としてまとめて提出してね。

凡ミスというのは、起こるものです。上述したように、そこからどう改善して2度同じことが起こらないようにするかが重要です。

凡ミスの類義語

凡ミスと似たような言葉に、「ケアレスミス」や「ニアミス」や「見落とし」といったよう言葉があげられるでしょう。ちなみにケアレスミスは実害として凡ミスよりも小さな被害につながるものに関して使われる言葉です。

凡ミスまとめ

凡ミスという言葉に関してここまで解説をさせていただきました。内容をまとめてみると、意外に言葉の意味の深さも知ることができたと思います。どんな小さなミスも凡ミスという言葉で片付けられるわけではないので、似たような他の言葉も併せて調べてみてください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事