冬化粧

冬化粧(ふゆげしょう)

冬の季節の情景といえば何を思い浮かべますか?きっとクリスマスや雪を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。日本の四季の情景は様々な言葉で表現をされます。その中で「冬化粧」という冬の季節の情景を表す言葉をご存知でしょうか。今回はその一つである「冬化粧」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

冬化粧の意味とは

「冬化粧」とは、辺り一面雪が降り積もり、まるで化粧をしたように真っ白になり、冬らしさを感じることを意味します。

冬化粧の由来

冬化粧はその名の通り「冬」と「化粧」の造語で、四季の一つである冬の季節の夜に雪が降り積り、昨日の風景とは全く違い雪で覆われまるで「冬」が「化粧」をしているようなことから「冬化粧」が使われるようになりました。

冬化粧の文章・例文

例文1.昨夜雪が降っていて、朝起きたら辺り一面冬化粧だった。
例文2.まさかこの雪で冬化粧になるとは思わなかった。
例文3.友達と出掛ける約束をしていたが、辺り一面冬化粧で今日は家で過ごすことにした。
例文4.今日は玄関に出たら冬化粧だったので外に出るのはやめておくことにした。
例文5.冬の寒さは好きではないが、冬化粧を見るのは好きです。
「冬化粧」に関する一般的な例文です。次に「冬化粧」が実際にどのような会話で使われるのかをみていきましょう。

冬化粧の会話例

  • 質問者アイコン

    明日は〇〇に出掛ける約束しているけど、天気は大丈夫かな?

  • 回答者アイコン

    雪が少し降ってるだけだから今のところは大丈夫そうだね!でも、もしこのまま降り続けると冬化粧になって大変だね。

  • 質問者アイコン

    そうだよね。明日、冬化粧にならないといいけど。もし冬化粧になったら流石に出掛けるのは無理だね。

  • 回答者アイコン

    うん。冬化粧になると歩くのも大変だし、事故に遭遇したら大変だからね。

「冬化粧」に関する一般的な会話です。「冬化粧」は冬の時期によく使われる言葉です。

冬化粧の類義語

「冬化粧」の類義語には「雪景色」や「吹雪」などが挙げられます。

冬化粧まとめ

寒い地域でお過ごしの方は「冬化粧」という言葉を使われる方も多いです。雪がよく降る地域だと昨夜積もっていなかった雪が朝起きたら「冬化粧」になっていて辺り一面真っ白になりあたかも違う場所にいるような経験をした方も多いのではないでしょうか。「冬化粧」は四季の情景を表す言葉です。四季の情景を表す言葉は他にも春には東風、雀隠れ夏には、青梅雨、薫風秋には桐一葉、燕帰るなど多くの言葉があります。この機会に興味を持った方は四季の情景について深掘りしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事