内政不干渉の原則

最新のネットニュースを読んでいて、時々「この言葉の意味は何だろう?」と弱り果ててしまったことはありませんか。キャリアが上がれば上がるほど、知らない言葉を人に尋ねることが恥ずかしくなってしまうもの。今回は他人に聞きづらい内政不干渉の原則について、レクチャーしていきたいと思います。言葉の玉手箱を増やしていきましょう。

内政不干渉の原則の意味とは

内政不干渉の原則とは、国内で起きた政治的・経済的な問題は、その国が強いリーダーシップをもち自国の中で解決すべき問題であるということ…を指しています。どのような友好的な関係性をもつ国であっても、他国の事情にヨソの国家が口をはさむべきではないと、国際的に定められたルールです。

内政不干渉の原則の由来

内政不干渉の原則を、公に定めたのは国連です。世界の国が守るべきルールとして定められた国際憲章の第2条には、内政不干渉の原則がのっています。このルールが載る背景となったのは、これまで繰り広げられてきた戦争が国家同士の干渉によるぶつかり合いから生まれたものだからです。戦争のないココロ豊かな社会を作ろうと、国連が定めたのが内政不干渉の原則。各国は平和な地球のために、今こそ基本ルールを遂行すべき時期にきています。

内政不干渉の原則の文章・例文

例文1.石油資源獲得のため、内政不干渉の原則が崩れるようなことがあってはならない
例文2.首脳会談では今一度、内政不干渉の原則が確認された
例文3.内政不干渉の原則に基づいて、他国への口出しはおこなわないことにした
例文4.内政不干渉の原則を守らないと、アンバランスな世の中になる
例文5.外交面で強気の姿勢を見せているアメリカは、内政不干渉の原則に逸脱する恐れもある
内政不干渉の原則は、国連で定められた公的なルールです。国同士のトラブルを回避する目的があるものの、すでに関係性が悪化している国において、どこまで有効性が期待されるのか疑わしい一面も備えています。

内政不干渉の原則の類義語

内政不干渉の原則の類義語として、不関渉・不介入・静観・中立などがあります。他国の問題に対して一線を引き、大きな介入はおこなわない事を意味しています。内政不干渉の対義語として使われるのが、内政干渉・外圧などの言葉です。

内政不干渉の原則まとめ

発展途上国と先進国など、国の大きさや発展の度合い・経済格差によって上下の差が生じることがあります。バランスの取れた国際社会にするためにも、国連が定めた内政不干渉の原則は、守られなければならないルールのひとつです。内政不干渉の原則が確実に履行されるためには、それぞれの国が独立し他国の内政に干渉しすぎない、大人の関係性が求められます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事