八百長

八百長は、時代劇でも取り上げられるほど昔から存在するものです。勝負事やスポーツなどで八百長は、度々問題になっている行為です。
最近でも、八百長の絡みの事件はニュースで取り上げられることがあります。
八百長行為が発覚した時、特に健全なルールに従って行われるスポーツは、大きなダメージを受け、行なった選手だけではなく協会全体の問題に発展することもあります。今では、競馬場、競輪場、競艇場などは、非常に厳しい管理のもとで行われており、スポーツ界でも八百長防止のため様々な
方法が行われていますが、残念ながら現在でも八百長行為が問題になっています。

八百長の意味とは

八百長とは、本来はルールのもとに行われる勝負事にもかかわらず、前もって仕組まれた真剣勝負ではないことです。
八百長が行われるきっかけは、色々なものがありますが、金品を受け取ったり、選手に負けるように強引に迫ったり、弱みを握られたり、多岐にわたります。八百長を行っているのは、出場している選手だけとは限りません。
例えば、ゲームを仕切っている審判だったり、知り合いの運営者だったり、八百長は色々な場所で行われることもあります。 八百長が起こる背景として賭け事の対象になっていたり、大きな力が働いていることもあるようです。

八百長の由来

八百長の由来は、八百屋の長兵衛に由来すると言われています。長兵衛は、大相撲の年寄、伊勢ノ海五太夫と囲碁仲間で、長兵衛の方が
強かったが、八百屋の商品を買ってもらうために、真剣に勝負をしていると見せかけて、わざと負けて商品を買ってもらうようにご機嫌をとっていたことが由来です。

八百長の文章・例文

例文1.八百長の発覚で協会全体に激震が走った
例文2.八百長でもしなければ、勝てない相手だ
例文3.この試合はあまりに出来すぎてて、八百長が疑われる
例文4.正々堂々と勝負をしたいので、八百長などはお断りだ
例文5.八百長起こさないために、しっかりルール作りをしないといけない
八百長を一度してしまったら、非常に厳しい制裁を受けなければなりませんが、現段階でも、八百長の発覚が取り沙汰されることがあります。
それぞれの団体で非常に厳しいルールが敷かれていますが、100%を防ぐのはやはり難しいようです。
本来は、感動を与えるスポーツですから、純粋にスポーツの応援ができるように八百長がない勝負をしていただきたいものです。

八百長の類義語

八百長の類義語としては、 無気力試合、やらせ、はったり試合などがあります。

八百長まとめ

最近でも八百長が行われる試合がありました。その時は、大きくメディアに取り上げられ連日、八百長についての経緯について報道されていました。
大相撲の八百長問題などが有名です。八百長で問題になれば、全く関係のない選手も疑われることもあります。
試合を行うためには、選手各々の努力の成果がぶつかり合うことで感動が生まれるのですが、たった一度の八百長で信用がなくなることはとても残念です。八百長がない正々堂々の精神で勝負をしていただきたいと思います。

この記事を読んでいる人に人気の記事