全集中の呼吸で攻撃態勢に入る剣士

全集中の呼吸(ぜんしゅうちゅうのこきゅう)

全集中の呼吸とは、吾峠呼世晴さんが書いた大人気の漫画である『鬼滅の刃』の中で人喰い鬼に対抗する為に、鬼殺隊と呼ばれる鬼狩りの部隊が身体能力を向上させる為に使う特殊な呼吸法の事です。アニメや映画の大ヒットもあり、小さな子供たちにも大人気の『鬼滅の刃』は学校や街の中でもこの「全集中の呼吸」というワードが聞こえてくるほどです。まさに社会現象となっている『鬼滅の刃』の中でも代表的なワードと言える「全集中の呼吸」について、今回はわかりやすく解説をしています。

[adstext]
[ads]

全集中の呼吸の意味とは

全集中の呼吸の意味は『鬼滅の刃』の中で鬼狩りをする鬼殺隊の剣士が人智を超えた力を持つ鬼に対抗する為に、身体能力を飛躍的に向上させる為に使う特殊な呼吸法の事です。呼吸の基本となる剣術流派は五つに分かれており、「炎」「水」「風」「岩」「雷」となり、細かな流派も基本的にはここから派生しています。それぞれの代表的なキャラクターとしては以下の通りです。
「炎」:煉獄杏寿郎
「水」:竈門炭治郎、冨岡義勇、鱗滝左近次
「風」:不死川実弥、粂野匡近
「岩」:悲鳴嶼行冥
「雷」:我妻善逸、桑島慈悟郎
などが挙げられます。もちろんここに出てこない柱と呼ばれるキャラクターもそれぞれ流派を持っています。

全集中の呼吸の由来

全集中の呼吸の由来は、漫画『鬼滅の刃』の中で使われたことによるものです。

全集中の呼吸の文章・例文

例文1.小さな子供たちが遊びの中で全集中の呼吸と言っているのを聞くとほほえましい。
例文2.鬼滅の刃においては全集中の呼吸は、鬼に対抗する為に絶対に欠かせない重要ワードだ。
例文3.全集中の呼吸は鬼殺隊で柱になる為には、最低限身に着けているべきものである。
例文4.主人公の竈門炭治郎は全集中の呼吸の中で、流派は水に分類されている。
例文5.全集中の呼吸で身体能力を向上させなければ、鬼と対抗する事すら出来ないのだ。
全集中の呼吸は、鬼滅の刃の中で使われている言葉であり、そういった例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

全集中の呼吸の会話例

  • 質問者アイコン

    鬼滅の刃が今、本当に人気だよね!まだ見たことないけど、一度全部漫画で読んでみようかと思ってるよ!

  • 回答者アイコン

    街の中で子供たちが、全集中の呼吸!なんて言ってる光景も目にした事があるよ!

  • 質問者アイコン

    本当に社会現象ともなっているから、どれくらい面白いのか楽しみなんだよね。

  • 回答者アイコン

    人気が凄すぎて、キメハラなんて言葉も出来たほどだからね!

全集中の呼吸が生まれた鬼滅の刃について話している会話文になります。

全集中の呼吸の類義語

全集中の呼吸の類義語としては、「日の呼吸」「水の呼吸」「炎の呼吸」「風の呼吸」「雷の呼吸」「岩の呼吸」などがあげられます。

全集中の呼吸まとめ

現在、大人気の『鬼滅の刃』ですが、その中でも象徴的な言葉になっている「全集中の呼吸」について解説をしてきましたが、まさに物語を理解する上で最低限知っておくべき言葉ですので、これから鬼滅の刃を読んだり、見ようと思っている方はしっかりと理解をしておくといいかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事