入管法

2018年11月に入管法の改正案が閣議決定した。これは日本における生活の根底がある可能性があり、日本に住んでいる人はしっかり今回の法改正もふくめて今後の動向をしっかりと注視していく必要があるでしょう。

入管法の意味とは

入管法とは「出入国管理及び難民認定法」という法令であり、出入国の管理制度と難民条約についての規定となっている。出入国の管理制度は日本への入国や帰国はもちろん外国人の日本在留に関しての許可であったり、手続きや在留資格の制定、入国管理局の役割まで定められています。

入管法の由来

入管法と呼ばれる法令はポツダム命令として、昭和26年に施行された。そして昭和57年に題名が現在の「出入国管理及び難民認定法」となった。また管理行政においては法務省管轄となり、法務省入国管理局や入国者収容所と地方入国管理局が掌握しています。

入管法の文章・例文

例文1.入管法の改正は注意深く見守る必要がある
例文2.入管法は厳密に言えば法律と言わない
例文3.2009年に在留管理の方法が入管法で変わった
例文4.オーバーステイは入管法によって取締られる
例文5.入国管理局の対応は温情がないと言われている
日本は欧米諸外国に比べると、入管法に基づいて厳しい態度で難民問題や移民について臨んでいます。しかしその反面、この厳しい管理が日本の治安の維持の一端を担っている事は疑い様がない為、そのあたりの線引きが法改正によってどうなるのか注目される。

入管法の類義語

入管法の類義語としては、下位法令として「出入国管理及び難民認定法施行令」や「出入国管理及び難民認定法施行規則」などがあげられる。

入管法まとめ

日本の少子高齢化において、労働力人口の低下は大きな社会問題であるが、その問題の解決策の1つとして移民政策の導入が考えられており、それが今回の入管法の改正です。しかしながら、上述した様に世界でも有数の治安の良さを誇る日本において、外部からの移民を認めてしまう事は治安の低下につながりかねません。スウェーデンでも移民政策を始めた事により著しい治安悪化を招いています。移民が自分達だけの街を構成して、犯罪数の増加は深刻な問題となっています。そういった諸外国の実例も鑑みながら、判断を大きな視点から進めていく必要があります。

この記事を読んでいる人に人気の記事