光の稲穂と呼ばれる竿燈

光の稲穂(ひかりのいなほ)

八月頭に開催された秋田の祭りに「竿燈まつり」というものがあるのをご存知でしょうか?テレビや新聞でも「夜空を染める光の稲穂」と紹介されています。竿燈まつりではその光の稲穂というものが見られるのです。何のことかあまりピンとこない方に、その光の稲穂の正体や意味などをこれから説明していきます。

光の稲穂の意味

祭りに使用される、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を願った稲穂に見立てた280本の竿燈のことを指しています。夜は提灯が綺麗に明るく灯り、稲穂が光って見えるので「光の稲穂」と言われています。

光の稲穂の由来

光の稲穂と呼ばれる竿燈が使われる由来になりますが、こちらは病魔や邪気払いをする「ねぶり流し」というものが起源とされています。無病息災、家内安全祈願に加えて、提灯が稲穂に見えることから豊作祈願の意味も持つようになりました。

光の稲穂の文章・例文

例文1.今年も関東の提灯がたくさん綺麗に並んで光の稲穂がとても立派だ
例文2.秋田の夏祭りで光の稲穂と呼ばれる大きな竿燈が見られる
例文3.テレビで報道されているのが気になり、今年は光の稲穂を見るために秋田に旅行した
例文4.秋田の伝統である竿燈まつりの光の稲穂は本当に素晴らしい
例文5.光の稲穂を一目見たいという祖母の願いを叶えるべく一緒に秋田へ向かった
様々な願いを乗せて光の稲穂の列が夜空に揺れる様子がとても幻想的な光景だと言われています。

光の稲穂の会話例

  • 質問者アイコン

    昨日秋田で竿燈まつりがあったらしいよ。テレビで見てすごいでっかい提灯だなぁってびっくりしちゃったよ

  • 回答者アイコン

    私も見て気になったよ!
    豊作祈願の光の稲穂ってやつでしょ、あれ一目見てみたいよね。

  • 質問者アイコン

    光の稲穂かぁ、確かにそんな感じだよね、もしよかったら来年見に行く?近くで見たら大迫力だろうね!

  • 回答者アイコン

    いいね!行こう!わぁ、今から楽しいだなぁ。

光の稲穂について話す男女の会話になります。

光の稲穂の類義語

残念ながらこちらの言葉に類義語というのはありませんでした。

光の稲穂まとめ

毎年夏に開かれる竿燈まつりは、観光客向けにミニチュア竿燈や幼若の竿燈で体験もでできるようになっていたり、二日目には妙技会という手や頭など身体を使って竿燈を扱い技を魅せ会う大会が開かれたりと、長期間でたくさん楽しめるイベントが催される大きなお祭りとなっています。興味が出てきた方はもしよければ秋田の竿燈まつりに行って光の稲穂を見に行ってみてはいかがでしょうか

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事