先物取引(さきものとりひき)

投資といえば、一番連想しやすいのは株式投資ではないでしょうか?しかし現代では、「投資」という概念や考え方が広く浸透してきたことによって、株式だけでなく様々な投資が行われています。(ただ、世の中にはコレって投資なの?というようなものもたくさんありますが…)そんな投資の中の一つとして「先物取引」という形態の投資があります。では、この先物取引とはどういった形態の投資なのかについて解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

先物取引の意味

先物投資というのは、品物を将来的に決めた期日に売却をする際に、取引が成立した際に決めた価格で売却をすることです。
例えば、金貨1枚を3年後に10万円で売却すことを決めたとします。決めてしまったら、3年後には金の価格が高騰してようが下落していようが、10万円で売却しなければならないということです。
価格の高騰や下落の流れを読んで行う投資方法になります。

先物取引の由来

先物投資の歴史はとても古く、確認されているだけでも1531年にベルギーにおいて世界最初の商品取引所が開設され、そこで行われていたのが現物取引の先渡取引だと言われています。

先物投資の文章・例文

例文1.先物取引で投資をしようと考えている
例文2.先物取引で大損してしまった
例文3.2年前に行った先物投資で大儲けしてしまった
例文4.先物取引なんて怖くて手が出せない
例文5.先物取引ってギャンブルっぽくない?
先物取引に限った話ではありませんが、投資=ギャンブルという風に日本では取られがちです。ですが、実際は全く異なるものです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

先物取引の会話例

  • 質問者アイコン

    最近手にいれた年代物のおもちゃを先物取引に出してみようと思っているんだよね。

  • 回答者アイコン

    先物取引?
    それって儲かるの?

  • 質問者アイコン

    それは実際に売れる時になってみないとわからないよ。もしかしたら価値があるかもしれないし、何の価値もないものかもしれないしね。

  • 回答者アイコン

    売れる時が楽しみだね。

会話例では個人で簡単に先物取引ができるかのように表現しましたが、実際には市場に出すことになるため、明確に決められたルールのもとで行うようです。

先物取引の類義語

先物取引は別の呼び方で「先物相場」といった呼び方もするようです。そしてこれが行われている場所を「先物市場」という呼び方をします。

先物取引まとめ

先物取引は一見して儲かるか損をするかのギャンブル要素が強いように感じますが、その商品の適正価値を把握していれば勝ちの流れはある程度読めるので、株式投資に近いイメージです。もしかしたら身近にあるいらないものが高値で買い取りされるという可能性もありますね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事