僭越

大人になると取引先との会話や宴会の席で、聞きなれない言葉を耳にすることがあります。僭越というキーワードも、何回で間違えやすい言葉のひとつです。改まった席で恥をかかないように「僭越」という言葉の正しい意味を一緒にレッスンしていきましょう。

僭越の意味とは

僭越という言葉には、身分を超えて・立場を超えてという意味があります。僭越は単独で使われることは少なく「僭越ながら…」とひと言断って使われることが多くなっています。僭越ながら…というと、恐縮ですが・差し出がましい申し出ですが…という語彙になります。みずからの立場や権限を遜って相手に伝えるときの、キーワードとなります。

僭越の由来

僭越の由来は、漢字をチェックしてみるとよく分かります。僭越の僭の字は驕り高ぶるという意味があり、越の字には超えるという意味があります。これらの言葉を組み合わせると、自分の身分を超えて偉そうなふるまいをおこなうこと…という意味あいになります。僭越は日本で生まれた言葉、奥ゆかしい日本人らしさを如実にあらわす素敵な言葉です。

僭越の文章・例文

例文1.僭越ながら本日の議長を務めさせていただきます
例文2.僭越ながら、社長とご一緒させていただきます
例文3.課長の代わりに僭越ながら、私が説明させていただきます
例文4.僭越ではございますが、不明点を洗い出しさせていただきました
例文5.僭越ながら当社の意見を述べさせていただきます
僭越という意味には、自分を遜る表現が込められています。ミーティングや電話の席でよく使われる言葉ですが、使いすぎるとかえって違和感があるので気を付けましょう。

僭越の類義語

僭越の類義語として出しゃばる・生意気・おこがましいなどの言葉があります。僭越ですが…の類義語は「恐縮ですが」「恐れ入りますが」という謙遜の意味になります。

僭越まとめ

宴席やスピーチの席でよく耳にするのが僭越という言葉です。僭越というキーワードには、日本人らしい相手を気遣う思いが込められています。僭越ですが…という温かい言葉をワンクッション挟むことによって、次に発するコメントをより丸く・柔和なニュアンスに見せることもできます。
色々なシーンで使うことができる僭越というビジネス語は便利な反面、たくさん使いすぎるとかえって相手にとって失礼にあたる…という注意点もあります。ここぞという時に「僭越ですが…」という言葉を伝えることも、社会人として重要なマナーです。

この記事を読んでいる人に人気の記事