催促(さいそく)

催促とは、物事を早くするように要求して急かす事です。催促という言葉は割とよく耳にすることも多く、ざっくりとイメージも沸く方が多いのではないでしょうか。今回はその「催促」について解説させて頂きます。

[adstext]
[ads]

催促の意味とは

催促の意味は、物事を早くするように要求して急かすことです。よく期限に間に合うようにという時や、急がなければいけないという時に用いられるので、ビジネスシーンで用いられることの多い言葉になります。また、借金取りが債務の返済を催促するといった場面でも使われることの多い言葉になります。催促は相手に急いでほしい場面に用いられますが、目上の人に対しては使い方に注意が必要になります。催促は英語では「remind」と表記されます。「remind(リマインド)」は、思い出させるといった意味もあり、カレンダーのアプリの機能の中にリマインダーもあるので馴染みがあると思いますが、催促も似たような意味になるので、英語では同じように表記されます。

催促の由来

催促は、催と促を組み合わせた言葉になります。「催」とは、急き立てる、迫るといった意味で、「促」はうながすという意味になります。そのため、催促は、物事を早くするように急がせる、うながすという意味になります。

催促の文章・例文

例文1.友達に貸していた本の返却を催促する。
例文2.税金を納め忘れていて、催促の通知のハガキが届いていた。
例文3.早く課題の提出をするように教授に催促された。
例文4.先方から返事が来ないので、催促のメールを送った。
例文5.上司に催促メールを送りづらく、なかなか物事が進められない状況だ。
催促は急いでほしいという場面で用いられます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

催促の会話例

  • 質問者アイコン

    この間営業先に次の打ち合わせの日のことをうっかり連絡をし忘れて大変だったよ。

  • 回答者アイコン

    それは大変ね、催促の連絡があったでしょ?

  • 質問者アイコン

    そうそう。催促メールを見てとても焦ったよ。

  • 回答者アイコン

    社会人なんだから、連絡忘れは気を付けないとだね。

会社で連絡を忘れてしまったことについて話している様子です。

催促の類義語

催促の類義語は、「強請る」「督責」「督促」などがあげられます。

催促まとめ

催促とは、物事を早くするように要求して急がせることでした。ビジネスシーンではよく用いられることの多い言葉になりますが、取引先相手や目上の人に対しては、催促の仕方にも注意が必要です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事