側室と過ごす

側室(そくしつ)

大河ドラマで武将や大名が複数人の女性を妻として扱っているシーンをよく目にする人も多いのではないでしょうか。日本は昔一夫多妻制でしたが妻にも種類があることをご存知でしょうか。「正室」と「側室」大河ドラマなどでよく耳にする言葉です。この言葉を理解することで時代モノのドラマがより楽しめる事間違いなしです。今回はそんな大河ドラマでもよく耳にする「側室」の意味や例文などを詳しく解説していきます。

側室の意味とは

「側室」とは、一夫多妻制の下の身分の高い階層における夫婦関係において、夫たる男性の本妻である正室に対する概念で、本妻以外の公的に認められた側妻や妾にあたる女性を指します。

側室の由来

日本の歴史で将軍、大名などの高い身分の者が複数の配偶者を得る場合に、最も身分の高い者を正室と称しました。それに対し側室は、正室の次に高い地位を持つ言葉を意味します。

側室の文章・例文

例文1.側室は正室の次に高い位として位置付けされています。
例文2.大名家、武将家の愛人のなかで側室は最も高い地位です。
例文3.正室は正式な妻ですが、側室は正式な妻ではありません。
例文4.側室が正室の地位に昇格する場合があり、これを下克上といいます。
例文5.正室と側室は常に地位を争っていました。
「側室」に関する一般的な例文です。

側室の会話例

  • 質問者アイコン

    大河ドラマでよく大名とか将軍に多くの妻が仕えているとを見るけど、一体誰が本当の妻なのか分かんないよね。

  • 回答者アイコン

    大名、将軍には複数の愛人がいるのは確かだけどその中でも正室と呼ばれているのが正式な妻だよ!その次に最も妻に近い存在で側室がいるんんだよ。正室が複数人いた時代もあるらしい。/p>

  • 質問者アイコン

    そうなんだ。大河ドラマでも愛人たちが争いをするシーンをよく見るからきっと正室と側室の間にもドロドロの地位の争いがあったんだろうね。

  • 回答者アイコン

    そうみたいだよ!側室が正室を貶めて、正室に昇格する下克上みたいな事も頻繁に行われていたらしいよ。

「側室」に関する一般的な会話です。

側室の類義語

「側室」の類義語には「正室」や「断室」などが挙げられます。

側室まとめ

「側室」についてお分かり頂けたでしょうか。「側室」は今の時代は使うことがなく大河ドラマで耳にするくらいでしょう。しかし「正室」と「側室」の関係を知ることで時代モノのドラマでの女性同士の地位争いをする理由もご理解頂けましたよね。この機会に興味がありましたら「正室」の意味や他の歴史の言葉について深掘りしてみてはいたがでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事